福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル 宿泊プラン一覧・ご予約 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル ご予約・お問い合わせ TEL 0241-36-2288 0241362288 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル

一流の田舎Blog ここ熱塩加納町の自然と文化と人々をこよなく愛する、山形屋主のブログです。宿屋周辺での出来事や、四季の変化等を不定期に更新してまいりますので、お楽しみください。

トップコメント



雪は降る・・・貴方も来る!


2008/11/22

雪は降る・・・貴方も来る!雪は降る・・・貴方も来る!雪は降る・・・貴方も来る!

紅葉のラストシーンを紹介した僅か3日後に、30cmもの雪が積もるとは夢にも思いませんでした!・・・でも本日は晴れになりましたから、雪が融けていまだ残る紅葉の木々が次々に顔を出す宝石のように美しいシーンを目の当たりにすることができることでしょう!・・・このシーンは一見する価値が充分にあると思いますよ!!!・・・数年に一度しかない本日限定の景色をご覧になりに、ぜひお出かけ下さい!

追記
 たった今、その写真を撮ってまいりました。





落ち葉の上に降り積もる初雪


2008/11/19

落ち葉の上に降り積もる初雪落ち葉の上に降り積もる初雪落ち葉の上に降り積もる初雪

春に宿った命が終わりを告げる落葉に「侘び寂び」を感じ、初雪が降る前にコメントを残したかったのですが、天気予報が的中し雪が落ち葉を隠してしまいました。いよいよ多くの命がリセットされる冬がやってきました。雪国に住む我々にとってこの雪を楽雪にすることが冬を謳歌するための秘訣になります。





紅葉のラストステージ


2008/11/17

紅葉のラストステージ紅葉のラストステージ紅葉のラストステージ

いよいよ紅葉も最後になりました。ご覧の写真は隣の笹屋さんの借景です!!!・・・大変申し訳なく思っておりますが、当館からの方が美しく見えてしまいます!!!・・・太陽の光が差したときは、万華鏡を見ているように綺麗です!!!ここ一週間位に笹屋さん側のお部屋にお泊りになったお客様は本当にラッキーでした!!!・・・今週の水曜日からは雪マークが付いておりますので、これが見納めだと思います。チャンチャン





宇津野蕪(うつのかぶ)物語


2008/11/13

宇津野蕪(うつのかぶ)物語宇津野蕪(うつのかぶ)物語宇津野蕪(うつのかぶ)物語

宇津野蕪とは、日本で、いや大袈裟に言えば世界で唯一熱塩にしか存在しない伝統野菜です!・・・永い歴史の中でとっくに消えてなくなっていたと農家の人でさえ思っていました。・・・ところが宇津野集落に住む「大竹平八郎」さんという91才のおじいさんが自家消費としてずーと護り続けていたのです。・・・それを、有機農業のカリスマである「小林芳正」さんが三年前から復活させ熱塩小学校の給食に提供しておりましたが、昨年より山形屋でも朝食のお味噌汁や漬物にしてお出しできるようになりました。・・・その季節がいよいよやってきました!!!・・・本日の朝食よりレギラーで登場いたします。・・・ぜひ、世界で唯一熱塩温泉山形屋でしか味わえない宇津野蕪を召し上がりにお出かけ下さい!





飯豊山・・・初冠雪


2008/11/09

飯豊山・・・初冠雪飯豊山・・・初冠雪飯豊山・・・初冠雪

お陰様でここのところ毎日が忙しく、落ち着いてふるさとの移り変わりを観察していなかったせいでしょうか、ふと気が付くと何時の間にか「飯豊山」が真っ白に化粧をしていました。万年雪の飯豊山ですが、これは紛れもなく今年の雪にちがいありません!・・・この雪がまた春になって融け、その伏流水がこの地に豊かな愛(めぐみ)をもたらしてくれるのかと思うと、知らず知らず手を合わせたくなってしまいます。・・・神が宿る山に・合掌





ブルースカイブルー


2008/11/06

ブルースカイブルーブルースカイブルーブルースカイブルー

昨日は雲一つない見事な秋晴れになりました!・・・今日こそは三の倉高原の頂上にあるパラグライダーのランディングバーンから会津一円の最高の景色を撮ってやろうとワクワクしながら車を走らせて登って行ったのですが、朝靄が雲海のようになっていたために前々から狙っていた景色を撮ることが出来ませんでした。・・・しかしそれはそれで幻想的な雰囲気を醸しだしていて美しかったので紹介させていただきました。・・・昨夜お泊りになった東京のホテルの方々は前々日にこの景色をご覧になって大変感動してお帰りになりました。





実りの秋はまだまだ続く・・・


2008/11/04

実りの秋はまだまだ続く・・・実りの秋はまだまだ続く・・・実りの秋はまだまだ続く・・・

紅葉のピークは過ぎて、落葉が始まりました。・・・山形屋の玄関前は、掃いても掃いても落ち葉でいっぱいになります。こんな季節があと1カ月は続くことでしょう!・・・しかしこの1カ月は美味しい産物が次々に実り、食べごろを迎えます。ご覧の柿も収穫時期を迎え、もうすぐ美味しい「みしらず柿」になって食卓を飾ることと思います。もちろん山形屋のデザートにももうすぐ登場いたします。





山燃ゆる秋


2008/11/01

山燃ゆる秋山燃ゆる秋山燃ゆる秋

今年の紅葉が最高に美しい週末を迎えました。高い山を除いては、おそらく本日がピークです。・・・来週末になると色褪せて落葉が始まります。・・・でも、その後は真っ白な華がより以上に美しく北国の大地を染て行くことでしょう!・・・早いもので、冬から始まったこのブログも、全ての四季を紹介することができました。後日、宿六の写真集で紹介したいと考えております。ご期待下さい!





身土不二ステージ


2008/10/26

身土不二ステージ身土不二ステージ身土不二ステージ

一流の田舎を目ざしている山形屋の大広間前に、「身土不二ステージ」を設置しました・・・これで弊社が10年以上前から取組んでいることを、多くの方々に伝えることが出来るようになりました。(モットハヤクヤレバヨカッタナー!)
「身土不二」とは、仏教用語で自分の住んでいる処で収穫される産物を食していると健康で長生きが出来るという教えです。「地産地消」と類似していますが、大きな違いは、「地産地消」はそれを語る人の立場によって範囲が広まります(首相が語れば日本中の食材になる)が、「身土不二」は誰が語っても居住地の半径10〜30k圏内ということになります。旅行者の場合は、その土地の水に慣れた時(丸一日程度)からその効力を発します。ですから、本当にその土地の「食」を楽しむのであれば、2泊以上することをお勧めいたします・・・そういう意味でもこの度の「観光圏」は素晴らしい取組みであると、大いに期待しております。





観光圏


2008/10/21

観光圏観光圏観光圏

観光圏とは、隣接した観光地が連携して2泊3日以上の魅力ある滞在型観光地に発展させようという取組みです。(10/1に発足した観光庁が打出したもの)・・・今、熱塩温泉ではお隣(米沢)の小野川温泉と連携し「愛の名湯・夢の連泊プラン」という2泊目が半額になる画期的なプランを提案いたしました。詳細については後日弊社の宿泊プランでご紹介したいと思っております。・・・この取組みが早々とフジテレビの「めざましてれび」で紹介されました(10/20)・・・ご覧になられましたでしょうか!?・・・来年はNHKの大河ドラマ「天地人」の舞台になる両地域ですから、きっと盛り上がることと期待しているところす。
国道121号(大峠レインボーライン)のご覧の3つのエリア(日中ダム・大桧沢渓谷・熱塩駅)をブラッシュアップして魅力ある場所にしていきたいと考えております。





蔵の中にあったのは・・・夢の欠片でした。


2008/10/18

蔵の中にあったのは・・・夢の欠片でした。蔵の中にあったのは・・・夢の欠片でした。蔵の中にあったのは・・・夢の欠片でした。

とうとう明日で、庶民の町「喜多方」に文化の香りを漂わせた「第8回アートブラリー」が終了します。・・・ここのところ忙しくて目と鼻の先で行われているイベントなのに、ほとんど見ることが出来ませんでした。・・・ただ、1つだけ素適な発見がありました。
時々通る街中からの裏街道の鬱蒼とした林の中に、前々から気になっていた「夢空間」という看板がありました。でも、何のへんてつもない古ぼけた倉庫に立てかけられていた看板だったので、車を止めて観ようとまでは思わずにいました。・・・とろがどうでしょう、そこもアートブラリーの会場になっているではありませんか!・・・それじゃー今日こそはと中に入って見て、ビーックリしました!・・・外観からはとても想像がつかないほどの素適なギャラリーだったのです!!!まさに灯台下暗しでした。・・・中には、それこそ夢のような作品がたくさん展示してあり、多くの人が驚嘆の声をあげていました。





秋晴れの空を飛ぶ阿呆鳥


2008/10/14

秋晴れの空を飛ぶ阿呆鳥秋晴れの空を飛ぶ阿呆鳥秋晴れの空を飛ぶ阿呆鳥

10月13日(体育の日)は、この秋最高の晴天になり「行楽の秋」の幕開けにはふさわしい一日になりました。山形屋から熱塩駅に向かう道を縦断する国道121号線は、普段の10倍以上の交通量があり、駅で行われる「阿呆鳥コンサート」に辿り着くのに中々道路を横切れないほどでした。おそらく今日一日で数千台の車が往来したことでしょう!・・・もちろん、ここを通過する車の99.9%は、ここに「素適な駅」があることも、そこで本日「素適なコンサート」が行われることも知る由もありません!・・・そんな何時もとはちょっと違う状況の中で・・・止まっていた古時計が、また静かに動き出すかのように、熱塩駅でのコンサートは始まりました。・・・それはまるで、車社会が到来し列車に乗る人々が少なくなって廃止された「日中線」を物語るようにも見える、閑散としたとても寂しい始まりでした。・・・しかし、そんな中でも阿呆鳥の二人は、声枯かんばかりに熱唱し、熱塩の空を力強く悠々と羽ばたいてくれました。・・・それはそれは感動的で、たまたま通りかかった0.1%にも満たない数台の車から降りて来た方々も、思いがけない宝物を見つけたかのように目を輝かせて見入っていました。・・・私は今まで阿呆鳥をほとんど知らずにおりましたが、こんなに素晴らしいグループだとは思いませんでした。・・・「阿呆鳥」も熱塩駅同様に、近い将来必ず大ブレークするものと確信した、とても清々しい一日でした。





継続は力なり・・・「8」


2008/10/11

継続は力なり・・・「8」継続は力なり・・・「8」継続は力なり・・・「8」

第8回の「蔵のまちアートブラリー」がいよいよ始まりました!
末広がりの8という数字が昔から好きなので、今年は妙にこのイベントが気になり、初めて足を運んで見ました。・・・仕掛け人の一人である元喜多方美術館の館長だった山形さんに、色々とお話をきいたところ、第1回のイベントは、それこそ8件だったそうです。当時庶民の間では、美術館に行くということが特別のことであり、大変敷居が高いものだったそうで、それを払拭したかったというのが狙いだったそうです。・・・その話を聞いてからあらためてポスターを見てみると、小さくこんなコメントがありました。
何もあらたまらなくてもいいんです・・・
散歩のついでに立ち寄っていただけたら・・・
ふだん着のまま、ちょっとのぞいていただくだけでも・・・
蔵のまちのあちこちに・・・
重なって・・・つながって、放たれた想いがかたちになって・・・
展示されています。
・・・気どらない、ほのぼのとした喜多方らしさがあって、とても好きになりました。
(喫茶店や漆器屋さらにはfm放送局等、今年は27件が参加しています。)





「駅」station パート2


2008/10/06

「駅」station パート2「駅」station パート2「駅」station パート2

昭和13年(1938)に開通し、昭和59年(1984)に廃止されるまでの約50年の間、この駅でどれほどのドラマが展開されたのでしょうか・・・
集団就職の子供たちを涙で見送ったことも・・・
戦争中は都会から疎開する児童を、温かく迎え入れたこともあったったことでしょう
夜になると、その魂が駅舎のあちらこちらに現れてくるような気がします・・・
その魂たちは、「よみがえらせ隊」の一連の活動をどのような目で見ているのでしょうか・・・・・私には、微笑を浮かべながら・・・「頑張れよ!」・・・と言ってくれているように思えてなりません・・・

追記
 10月13日(月)15時から・・・また、駅のホームをステージに「阿呆鳥」の懐かしいフォークコンサートがございます。阿呆鳥は1981年の8月にデビューし1986年に解散しましたが、1996年6月に再デビューして甦ったグループです・・・そういう意味では「熱塩駅」にピッタリだと思います。・・・みなさま、ぜひ、足をお運び下さい! (大人\\2000・小中高生無料)





「駅」station パート1


2008/10/05

「駅」station パート1「駅」station パート1「駅」station パート1

「どうして・・・こんなに素適な駅を、もっと宣伝しないの?」
「どうして・・・こんなに素晴らしいイベントを、みんなが知らないでいるの?」「もったいないなー・・・悔しいくらいにもったいない!」・・・・・日中線の廃線ウォークからゴールしてきた方々が、口々に発した言葉です。・・・私も常々そう思っていました。・・・でもこのごろは、訪れる方々の目の輝きを見るたびに・・・この駅が必ず近い将来、大ブレークするような予感がしてならないのです!





ふるさとの小さい秋


2008/10/03

ふるさとの小さい秋ふるさとの小さい秋ふるさとの小さい秋

いよいよ明日(10/4)ふるさとの小さい駅が、ほのぼのと輝く二つのイベントがございます。・・・内容は前回のブログでご紹介したとおりの「熊沢南水」さんの語りと、「日中線の廃線ウォーク」です。・・・稲刈りが始まった「一流の田舎」のご覧のような風景も楽しめることと思います。また、客車で行われる夜の語りでは、虫の声がバックグランドミュージックとなって、その雰囲気を盛り上げてくれることでしょう。・・・殺伐として不安だらけの世の中ですが、此処に今だ残る日本の原風景に浸り、ふるさとの小さな秋で疲れた心を癒していただきたいと思います。





熱塩駅に全員集合


2008/09/29

熱塩駅に全員集合熱塩駅に全員集合熱塩駅に全員集合

10/4(土)に・・・またまた、「熱塩駅よみがえらせ隊」による2つのイベントがございます!!!・・・1つは、かつて日中線の線路があったところを辿りながら歩く「日中線廃線ウォーク」(9時集合)であり、もう1つは、講談師「熊沢南水」による(瓜生岩子物語・18:30〜)ひとりがたりであります。・・・それにともないまして、熱塩温泉の各旅館では、土曜日にもかかわらず格安(1泊2食\\8000)の宿泊協賛をいたします。・・・その他にも鉄道ファンにはたまらない「駅員ごっこ」や手打ち蕎麦の立ち食いコーナー・新鮮野菜の直売コーナー等も設けます!!!・・・駅舎のみならず展示車両から何からすべてが甦るほのぼのとしたイベントに、みなさま挙ってお越し下さい。





黄金の街パート2


2008/09/27

黄金の街パート2黄金の街パート2黄金の街パート2

黄金の稲穂の風景は今年はこれが見納めです!・・・早い農家は稲刈りに入りました。山形屋にも契約農家から、もうすぐ宝石のような最高の新米が届きます!・・・全てはご覧の写真の遠くに見える飯豊山からの贈り物です!





稲の成長を見守った合鴨たち・・・


2008/09/24

稲の成長を見守った合鴨たち・・・稲の成長を見守った合鴨たち・・・稲の成長を見守った合鴨たち・・・

季節の移ろいは、稲を成長させ合鴨たちを子供から大人にへと、その姿を変えていきました。・・・もうすぐ刈り取りの時期を迎えるともに合鴨たちも姿を消していくことでしょう!・・・その先のことは、あえて語らずにおきたいと思います。・・・ただ、いままで無頓着にいた自分を反省し、あらためて合鴨たちの活躍に感謝しながら収穫の秋を迎えたいと思う今日この頃です。





秋の空に誘われて・・・


2008/09/20

秋の空に誘われて・・・秋の空に誘われて・・・秋の空に誘われて・・・

天気予報では、今週末、台風の直撃をうけて荒れるということでしたが、あにはからんや台風は千葉から太平洋の彼方に消えていってしまいました!!・・・お陰で会津はご覧のような素晴らしい秋晴れになりました。心配された9/22からの会津秋祭りも、これできっと大いに盛り上がることでしょう!・・・この空をじっと見ていると無性に旅行に出たくなってしまいます。・・・あの雲の・・あのスカイラインの向こうには、きっと素適な場所があるはず!・・・そんなふうに思えた方は、ぜひお出かけになってみてください。





このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

空室検索・予約
◆宿泊日
 

 

◆ご利用人数