福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル 宿泊プラン一覧・ご予約 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル ご予約・お問い合わせ TEL 0241-36-2288 0241362288 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル

一流の田舎Blog ここ熱塩加納町の自然と文化と人々をこよなく愛する、山形屋主のブログです。宿屋周辺での出来事や、四季の変化等を不定期に更新してまいりますので、お楽しみください。

トップコメント



毎日がお祭り「喜楽里博」・・・パート2


2009/10/24

毎日がお祭り「喜楽里博」・・・パート2毎日がお祭り「喜楽里博」・・・パート2毎日がお祭り「喜楽里博」・・・パート2

喜楽里博が最大に盛上がるウィークがやってまいりました。9/19〜11/30まで73日間、200近くのイベントが開催されますが、今週はその内30のイベントが行われます。・・・紅葉真っ盛りの喜多方で行われる「きたかた喜楽里博」を見に、ぜひお越し下さい。
それでは、主なものだけを紹介いたします。

*パラグライダー大会(10/24〜25)「熱塩加納」三の倉高原
 (ここからの眺めは会津一です)写真紹介
*浪漫街道観光シンポジュウム(10/24)「喜多方市」蔵の郷
 (宿六もパネラーで参加いたします)
*身不知柿さわし&蕎麦「熱塩駅」(10/24)
*ボート初心者講習会(10/24)「高郷町」
*高郷雷神新そばまつり(10/24〜25)「高郷町」
*会津ご当地フードフェスティバル「喜多方市」道の駅喜多の郷
・・・・・・・・・等等です!





秋の夕日に誘われて・・・


2009/10/18

秋の夕日に誘われて・・・秋の夕日に誘われて・・・秋の夕日に誘われて・・・

先日、あまりにも夕日が綺麗だったので、写真に撮ろうと屋上にいってみると、もうすでに夕日は沈んでいました。・・・それは、日に日に深まっていく秋の速さにも似ていて、気が付くと稲刈りは終わり、紅葉もすでに里まで下りてきていました。・・・冬が来る前に、もう少しゆっくりと錦秋を感じたいものだと、毎年のように行楽で訪れる方々を羨ましく思ってしまいます。





毎日がお祭り・・・「喜楽里博」


2009/10/10

毎日がお祭り・・・「喜楽里博」毎日がお祭り・・・「喜楽里博」毎日がお祭り・・・「喜楽里博」

世界のリゾート地の草分けであるドイツの「バーデンバーデン」は、一年中何かしらのお祭りやイベントを開催して訪れる方々を楽しませているそうです。・・・正にこの度の「きたかた喜楽里博」はそれに似ています。観光で訪れる方のためだけに開催するのではなく、まずは住民が主体で行い、訪れた方々と一緒に楽しむ!・・・それが新しい観光地のあり方であると喜多方が提案しているのであります。・・・それでは、今週末に行われる主なイベントを簡単にご紹介したいと思います。詳しくは喜多方観光協会のホームページをご覧下さい。(喜多方を楽しむにリンクあり)

*山都新そばまつり(10/17,18日)
*化石発掘体験「高郷町」(10/18)
*塩川メグスリノキ・ウォーキングー(10/18)
*塩川バルーンフェスティバル2009(10/17,10/18)
*懐古・・・日中線と住民のふれあい写真展(10/16〜10/22)熱塩駅
*初心者ボート講習会(10/18)高郷町
*その他常設イベント30近くございます。





幸せは何時も自分の心がきめる。


2009/10/05

幸せは何時も自分の心がきめる。幸せは何時も自分の心がきめる。幸せは何時も自分の心がきめる。

きたかた喜楽里博協賛の「旅館の旦那と女将が案内する幸福のサスケネー絶叫ウォーク」が昨日開催されました。参加した皆さんは、アートブラリーの会場になって賑やかな「熱塩駅」を出発したあと温泉神社の大杉を見学し、示現寺では座禅を組み、護法山の頂上から「さすけねー」と絶叫しました。大声で叫ぶと不思議と心が晴れ晴れして幸せな気分になれると参加者の方々も喜んでおりました。十数人と少ない人数ではありましたが、とても楽しいイベントになったと、それぞれの眼差しが物語っているように感じました。





「アートぶらりー」開幕


2009/10/02

「アートぶらりー」開幕「アートぶらりー」開幕「アートぶらりー」開幕

今年で9回目となる蔵の町アートブラリーが本日から12日まで新喜多方全域で行われます。・・・今回から初めて我が「熱塩駅」も会場になり、故郷をこよなく愛する叔母の「おひでさん」とその友人の作家達が、自慢の作品を展示しました。鎌倉や益子からの参加のため10/2〜10/4までの3日間だけとなりますが、最終日には前回のブログでも紹介したように「旅館の旦那と女将が案内する幸福のさすけねー絶叫ウォーク」も開催されることもあって大いに盛り上がることでしょう!・・・ぜひ、ご家族ご友人をお誘いになってお出かけ下さい。(4日の夜は客車でのモンゴル音楽のコンサートもございます)





10月4日・・・幸福(しあわせ)の「さすけねー」


2009/09/28

10月4日・・・幸福(しあわせ)の「さすけねー」10月4日・・・幸福(しあわせ)の「さすけねー」10月4日・・・幸福(しあわせ)の「さすけねー」

会津弁で「さすけねー」とは、「大丈夫です」又は「心配ないです」と言う意味です。・・・先日(9/19)から始まった「きたかた喜楽里博」のマスコットキャラクター「みんべぇ」の大好きな口癖ということになっております。・・・そんなポジティブな心でウォーキングを楽しもうという試みが、来る10月4日(日)に熱塩温泉組合の主催で行われます。その名も「旅館の旦那と女将が案内する・幸福のさすけねー絶叫ウォーク」であります。・・・コースは去る5月9日に熱塩駅の発着で開催し常設した「天地人の中心で愛を叫ぶ」ウォーキングコースを利用して、旦那と女将が名所旧跡を案内しながらコース内にある「示現寺」で15分ほど座禅を組み、その後裏山である「護法山」にのぼりその頂上から熱塩駅に向かって「さすけねー」と絶叫するものであります。(宿六のおすすめ)
ぜひ、最近幸せが薄くなったなーと感じておられる方はご参加下さい!・・・ほとんどの方が幸福感を味わえるものと確信いたします。(写真はウォーキングコース内で見られる風景です)


日 時   2009年10月4日(日) 受付-9時30分 出発-10時
集 合   熱塩駅(約2時間程度のイベント)
参 加   無料(先着81名限定)
特 典   熱塩・日中温泉各旅館の入浴が半額・宿泊1割引
      絶叫した方には「みんべぇ」バッチプレゼント
申込先   熱塩温泉組合(0241-36-3138)

      





天地人・・・400年


2009/09/25

天地人・・・400年天地人・・・400年天地人・・・400年

会津が舞台となっている「天地人」は、今から400年前(1600年前後)の話ですが、さらに400年程さかのぼりますと源頼朝が奥州征伐を行った鎌倉時代になります。当時、会津を統治する殿様は存在しておらず、鎌倉御家人であった「佐原義連」が会津での功績が認められ初代会津領主となりました。・・・それがなんと、熱塩加納に城を構えたのであります。・・・ご覧の画像は、その城跡と佐原義連の墓であります。・・・その孫の代になると血で血を洗う抗争が続き、最終的には四男の佐原光盛が会津若松を治め葦名に改名して、伊達政宗に滅ぼされるまでの約400年(20代)もの間会津の殿様として葦名一族が君臨いたしました。・・・その後「伊達政宗」が1年間だけ会津の殿様になりますが、「豊臣秀吉」の怒りに触れ失脚し、上杉景勝が越後から移封されるまでの8年間は織田信長の家来であった「蒲生氏郷」が治めておりました。主に会津若松の産業の基礎を築いたのはこの蒲生氏郷であると言われております。・・・歴史をさかのぼって調べていくと大変興味深いものがありますが、その後の400年については、長くなるので後日紹介したいと思います。





9月26日(土)は・・・穴場です!


2009/09/20

9月26日(土)は・・・穴場です!9月26日(土)は・・・穴場です!9月26日(土)は・・・穴場です!

きたかた喜楽里博も開幕し、山形屋も9/19〜9/23までお陰様で連日満員御礼になっております。(ありがとうございます-宿六)
ただ、9月26日の土曜日はその煽りを受けてガーラガラになっております。そこで、この日は平日料金でお泊りいただけるようにいたしました。・・・楽しい喜楽里博のイベントも盛りだくさんございます。ぜひ、大混雑の連休を避けて起こしくださーい!!!

それでは、9月26・27日に行われる喜楽里博のイベントをいくつか紹介したいと思います。
・会津極上の酒と最高のお供え達
会場---大和川酒造「北方風土館」(喜多方) 時間---18:30〜19:30  料金---2000円  内容---「小峰リサ」ピアノ弾き語りライブを聴きながら会津の銘酒を楽しむ

・「雪室そば」と「寒晒しそば」の食べ比べ
会場---飯豊とそばの里センター(山都町) 時間---9/27 9:30〜
料金---2500円(要予約0241-38-3000) 内容---地元でしか絶対に味わえない幻の「雪室そば」と「寒晒しそば」の食べ比べです。蕎麦通の方ならきっと泣いて喜ぶことでしょう!

*その他常時多発イベント盛りだくさん!!!





きたかた喜楽里博・・・開幕


2009/09/19

きたかた喜楽里博・・・開幕きたかた喜楽里博・・・開幕きたかた喜楽里博・・・開幕

本日より11/30までの間、喜多方全域で開催されるイベントや祭事を集約した「きたかた喜楽里博」が開幕いたしました。・・・初日の今日は、平成18年1月に喜多方に合併した5市町村でそれぞれにオープンセレモニーが行われました。・・・ご覧の映像は、熱塩駅でのセレモニーです。・・・未来型観光の「着旅」の開幕という歴史的な出来事に立ち会えた方々は幸せだと思います。





身の丈の小さな村祭り・・・


2009/09/13

身の丈の小さな村祭り・・・身の丈の小さな村祭り・・・身の丈の小さな村祭り・・・

昨日、熱塩温泉の神社祭りが行われました。・・・身の丈の小さな祭りではありますが、紆余曲折を経ながらも、絶やしてはいけないと想う人々の情熱によって、現在まで続けられてきました。
昔は、熱塩温泉の人々だけで9月8日、9日に行はれておりましたが、祭りを行う子供たちが減り、それを支える大人達も自営者だけでは出来なくなり、週末に熱塩地区全体で行われるようになりました。・・・祭りの灯が消えそうになった寂しい頃を知る者にとっては、なんと盛大で活気のある楽しいものになったことだろうと、感慨深く思っていることでしょう・・・
 今はもう祭りからは引退して、見ちがえるように育った村祭りを、目を細めながら静かに見守る先輩達の横顔に、思わず「ありがとう」と声を掛けたくなりました。





味覚の秋・・・「かんどう」


2009/09/08

味覚の秋・・・「かんどう」味覚の秋・・・「かんどう」味覚の秋・・・「かんどう」

一流の田舎は収穫の時期を迎え、夏野菜や秋野菜がふんだんに山形屋の食膳を賑しております。・・・その食材と生産者を紹介している弊社の「身土不二ステージ」には毎日盛りだくさんの野菜が飾られ、宿泊されているお客様の目を楽しませているところです。
そのステージに本日珍しいものが登場しました!・・・その名は「さゆり長南瓜・かんどう」であります。命名したのは有機農業のカリスマ「小林芳正」さんです。なんでも、孫娘の「奏恵」ちゃんがこの南瓜を食べ、その美味さにえらく感動したとことから命名したそうであります。・・・私も昨日食べてみましたが、正に今まで出合った南瓜の中では最高の美味しさでした!!!・・・なんと・・・もうすぐこの南瓜が山形屋の朝食に登場いたします。・・・早ければ今週末頃です!・・・ご期待下さい!





会津琵琶物語


2009/09/05

会津琵琶物語会津琵琶物語会津琵琶物語

明日9月6日、新宮熊野神社の「長床」で琵琶の演奏会がございます。今年で3回めになりますが、無料ということもあり年々観客の方が増えてまいります。・・・涼しくなった秋の夜の、虫の音以外には何も聞こえない静寂の中で、琵琶の音を聞きながら物思いふける、そんな贅沢なひと時を味わいに、ぜひ、大切な人を連れて足をお運び下さい。





食欲の「秋」が来る!


2009/08/31

食欲の「秋」が来る!食欲の「秋」が来る!食欲の「秋」が来る!

いろいろな思い出を残して・・・夏が去っていきます。
もうすっかり朝夕も涼しくなり日中でさえエアコンのスイッチを入れなくても良くなりました。・・・そうなると、停滞気味だった食欲も俄然活性化しだします。・・・山形屋では食欲の秋にふさわしい9月のメニューを昨日決定し、スタッフによるミーティングーを行いました。・・・9月メニューはボリューム満点です!!!・・・どうぞご期待下さい。





去り行く「夏」の・・・風景


2009/08/24

去り行く「夏」の・・・風景去り行く「夏」の・・・風景去り行く「夏」の・・・風景

今日で夏休みが終わります。・・・子供たちはみな家で、宿題の残りに精を出しているのでしょうか、外へ出ても一向に見かけません・・・静寂を取り戻した故郷の抜けるような青空に誘われて、三の倉高原に車を走らせていくと・・・そこには、去り行く夏を惜しむかのような風景が広がっていました。





「ひまわり」


2009/08/19

「ひまわり」「ひまわり」「ひまわり」

熱塩駅から南へ2〜3k下ったところに、誰が植えたものかは知りませんが、数年前から数万本の「ひまわり」が咲き誇り、道行く人々に夏を感じさせております。・・・今年は雨の日が多く太陽が中々顔を見せてくれなかったせいか、花に勢いがなく何時もの明るい真夏のイメージとはほど遠い、どことなくもの悲しい雰囲気を漂わせておりました。それは昔、ソフィアローレンが演じた「ひまわり」の映画によく似ているような気がして、そこを通るたびに、ラストシーンになった駅での悲しい別れを思い出してしまいました。・・・駅は、出会いよりもやはり別れの方が似合うのですね!・・・熱塩駅に漂う何処とない寂しさは、数多くの別れのシーンを演出してきたからなのかも知れないと、熱塩駅とひまわり畑をつなぐ道を通りながら感じました。





庄助おどり


2009/08/15

庄助おどり庄助おどり庄助おどり

「庄助おどり」は今から40数年前まだ喜多方が観光地にならなかった頃、お盆に帰省している人々を歓迎し、一緒に故郷を楽しもうと始まったものです。・・・元々は会津全域で踊られている「会津磐梯山」の民謡の盆踊りでしたが、喜多方ではこの民謡の囃子言葉の一節「小原庄助さん、なんで身上つぶした、朝寝、朝酒、朝湯が大好きで、それで身上つぶした。」の庄助にスポットを当て、喜多方のアイデンティティーを確立したものと思われます。・・・この庄助さんのモデルになった人物は3人いたそうですが、身上をつぶした人は誰もいなかったようであります。ただ3人とも、酒をこよなく愛し、おおらかで人を愛し、誰からも好かれる愛すべきのん兵衛だったようで、どこか喜多方のおじさん達に良く似ています。





七夕に飾られた・・・郷愁の熱塩駅


2009/08/09

七夕に飾られた・・・郷愁の熱塩駅七夕に飾られた・・・郷愁の熱塩駅七夕に飾られた・・・郷愁の熱塩駅

もうすぐお盆ということで、帰省をする方々はもうすでに心は故郷の町に飛んでいることでしょう・・・また、日中線の最後を見とどけてきた鉄道ファンのみなさまも、この映像に郷愁の想いを感じていただけるかもしれません。・・・8月8日の七夕の日に、昼は子供たちが、夜は大人達によって、また「熱塩駅」が甦りました。・・・帰省した時は必ず・・・お近くを通った際はぜひ・・・ありったけの力で甦ろうとしている「青春の熱塩駅」を見に来ていただけたらと思います。





雷雨の中の・・・コンサート


2009/08/03

雷雨の中の・・・コンサート雷雨の中の・・・コンサート雷雨の中の・・・コンサート

一昨日レトロな「熱塩駅」で、サックス&キーボードのコンサートがございました。・・・当初、ホームを舞台とした野外コンサートになる予定でしたが、「レトロ横丁」同様またもや開始直前に雷がなりドシャ降りになったため、急きょ駅舎の中での開演となりました。心配された観客の方々も大雨にも関わらず駅舎いっぱいにお出でいただき、時折起こる外の雷との競演を楽しんでいる様子でした。・・・来週の8/8(土)も「もうひとつの七夕まつり」と題して同じコンサートと夕涼みバーベキュー・鉄道ごっこ等をさらに大きく野外で行われる予定です。(\\1000)幸い8日の天気予報は晴れのようです。・・・みなさまぜひ、ご家族でご参加ください。





激動の8月・・・開演


2009/08/01

激動の8月・・・開演激動の8月・・・開演激動の8月・・・開演

8月は夏を代表する月です。・・・太陽の恵みによって植物達も大きく成長(写真はアスパラが成長し夏採りになった様子)し、人間達も太陽の光に刺激されて熱く燃える季節です。(それに今年は選挙もあります)・・・本日も18時30分より、熱塩駅で「板橋亮・細川佳那枝サックス&キーボードショウ」がございます。・・・そして、明日、明後日とは喜多方市民総出の「喜多方夏祭り」も開催されます。8/7〜10日は喜多方全域が劇場と化す「21世紀シアター」8/8〜16日は「レトロな熱塩駅七夕バーベキューとライトアップ」8/14〜15日は「喜多方盆踊り」等いろいろな祭りやイベントが目白押しです。・・・この機会に、喜多方市民の夏のライフスタイルを体感する旅に・・・大切な方々を誘ってお出かけになって見てはいかがでしょう。





喜多方レトロは・・・ラプソディー?


2009/07/26

喜多方レトロは・・・ラプソディー?喜多方レトロは・・・ラプソディー?喜多方レトロは・・・ラプソディー?

天気予報とは打って変って晴天の下で始まった「喜多方レトロ横丁」でしたが、ちょうど山形屋が参加する「仮装行列」の最中に雷とともに大雨に見舞われました。・・・それでも、参加者達の熱気は雷雨など物ともせず最後まで盛大に行われました。・・・それでは・・・ちょっと気持ち悪いとは思いますが、山形屋のチャップリン達をご紹介いたします。





このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

空室検索・予約
◆宿泊日
 

 

◆ご利用人数