福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル 宿泊プラン一覧・ご予約 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル ご予約・お問い合わせ TEL 0241-36-2288 0241362288 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル

一流の田舎Blog ここ熱塩加納町の自然と文化と人々をこよなく愛する、山形屋主のブログです。宿屋周辺での出来事や、四季の変化等を不定期に更新してまいりますので、お楽しみください。

トップコメント



吹雪の中の雪祭り


2010/02/08

吹雪の中の雪祭り吹雪の中の雪祭り吹雪の中の雪祭り

「黒岩雪まつり」は、あいにくこの冬一番の大荒れの天気になってしまいました。さすがに危険を感じたのか来場者も例年の10分の1程度になってしまったようです。私も気になって雪が少し小降りになった頃に出かけてみました。昨年とはうって変わって閑散とした会場に3人の芸術家はいました。でも、いつもと変わらない楽しそうな笑顔で餅つきをしながらその餅を振る舞っていました。その表情はあたかも、こんな吹雪の中をわざわざ訪れてくれた人々に感動し感謝しているように見えました。





感動に出会う旅


2010/02/03

感動に出会う旅感動に出会う旅感動に出会う旅

今度の週末(2/6,7)熱塩加納町の黒岩で「黒岩雪まつり」が行われます。黒岩は山形屋から険しい山道を車で20〜30分程登った集落で、冬は3mを超える積雪で多くの人々を苦しませてきました。昔は30戸以上の民家があり半自給自足で暮らしていましたが、この自然環境の厳しさにほとんどの人が町に移り住んでしまい今は数戸しか残っておりません。そんなところになんと芸大出身で横浜育ちのの3人の芸術家が16年も住み着いて創作活動をしながら暮らして居るのであります。・・・私は不思議に思いその理由を尋ねました!・・・その問に彼らは「ここでの暮しは日々感動の連続です!」と答えました。
 この「黒岩雪まつり」はそんな3人が中心となり多くの共感者とともに行われるとても素敵なお祭りなのです。・・・みなさまもぜひ、その答えを探しに、感動の旅にお出かけになってはいかがでしょうか。





護るべき宝


2010/02/02

護るべき宝護るべき宝護るべき宝

先日、熱塩温泉を所有する「護法山・示現寺」の消防訓練が行われました。普段は閑静な境内に300人以上の消防関係者や地元住民が集まり盛大に行われました。現場には本番さながらの緊張感がみなぎり見物していた人々もさぞ興奮したことでしょう!
何時もは皆無頓着にいるお寺ですが、いざとなるとこのように多くの人々によって護られていることを改めて気づかされるとともに、未来永劫このような本番がないことを心から祈りたい気持になりました。





ブラボー・・・三の倉高原


2010/01/31

ブラボー・・・三の倉高原ブラボー・・・三の倉高原ブラボー・・・三の倉高原

山形屋から車を5〜10分ほど走らせると三の倉高原に着きます。
ここからの景色は今までも何度も紹介してきましたが、今日はこれまでに最高と言っても過言ではないと思います。私のバカチョンデジカメではこの程度しか伝えられないことが悔やまれます。





青春とは・・・


2010/01/30

青春とは・・・青春とは・・・青春とは・・・

私の好きな「松下幸之助」の詩にこのようなものがあります。

   ・・・青春・・・
 青春とは心の若さである
 信念と希望にあふれ
 勇気にみちて
 日に新たな活動をつづけるかぎり
 青春は永遠にその人のものである。

年を重ねるにつれ青春は遠い日の憧れのようになってしまいがちですが、毎朝この詩を読む度にまだ自分には青春があるのだと勇気付けられます。・・・でも、これから本当の青春を迎える中学生の初々しい姿を見ると、やっぱり羨ましく感じてしまうのは私だけでしょうか?・・・ご覧の写真は茨城からスキー教室で訪れた今時珍しいほど礼儀正しい中学1年生の面々です。





現地型観光


2010/01/18

現地型観光現地型観光現地型観光

昔から現在に至るまで観光は旅行に出かける方が住んでいる場所(発地)で企画する発地型観光が主流でした。ところが最近は旅行者が訪れる場所(着地)で企画した着地型観光を楽しむ旅行にシフトし始めました。・・・しかし、この両者は常に旅行者を中心に考えた旅行企画であるために、地元の人達の風土から生まれた本来の文化に触れ楽しむことは難しいように思います。そこで、地元の人が自分達だけで楽しんでいることを、「現地型観光」と勝手に命名し、それを外部に紹介し、人と人を繋ぐ役割を担う人々を養成していこうと考えているところです。・・・とりあえずは私がその役をやっていこうと思います。





喜多方「雪小法師」コンテスト


2010/01/13

喜多方「雪小法師」コンテスト喜多方「雪小法師」コンテスト喜多方「雪小法師」コンテスト

冬の喜多方も元気です!・・・を合言葉に5年前から始まった「雪小法師」を造るイベントも、今年から建設業組合の参加応援により最高の盛り上がりを見せました。・・・今年の最優秀賞は、蔵とラーメンをモチーフにした曽我製麺さんに決まりました。・・・曽我さんも私同様に最初の立ち上げから携わっていただいた人の一人であることから、何か自分のことのように嬉しく思いました。





冬の駅を護る「雪小法師」


2010/01/09

冬の駅を護る「雪小法師」冬の駅を護る「雪小法師」冬の駅を護る「雪小法師」

いよいよ1月11日から「熱塩温泉郷雪小法師まつり」がはじまります。・・・今日はその準備で熱塩温泉の各旅館のメンバー6人が「熱塩駅」の周りに大小10体の「雪小法師」を造り、祭りの賑わいを演出しました。・・・これから2月の下旬にかけて「熱塩駅」を訪れた方に参加してもらいながら日本一の「雪小法師」を製作し登録する予定であります。・・・皆様もぜひご参加下さい。





熱塩温泉のルーツ「示現寺入湯式」


2010/01/04

熱塩温泉のルーツ「示現寺入湯式」熱塩温泉のルーツ「示現寺入湯式」熱塩温泉のルーツ「示現寺入湯式」

熱塩温泉は今から600余年前、護法山示現寺を開山した「源翁和尚」によって発見されました。源翁和尚が持っていたアカザの杖を刺したところから塩分を含んだ温泉が噴出してきたことから、その杖を源泉に浸して清める「湯殿入り」という儀式が本日朝6時より行われました。600年以上もの間この厳粛な儀式を、人知れず守り続けてきた示現寺と熱塩温泉そして地元熱塩に誇りを感じます。





元旦恒例の餅つき


2010/01/01

元旦恒例の餅つき元旦恒例の餅つき元旦恒例の餅つき

あけましておめでとうございます。熱塩温泉の2010年の幕開けは強風になりました。この風で世界不況を吹き飛ばしてもらいたいものです。
 さて本日は、山形屋恒例の元旦餅つきが行われました。ガラス張りのロビーから見る外の景色は、寒々しいものでしたが、中は熱気につつまれた楽しい餅つきになりました。・・・この笑顔と共に今年は良い年になってほしいと心から思いました。





熱塩温泉郷「雪小法師まつり」


2009/12/27

熱塩温泉郷「雪小法師まつり」熱塩温泉郷「雪小法師まつり」熱塩温泉郷「雪小法師まつり」

待望の雪か降りました。師走の始まりはあんなに温かく今年は雪が降らないのではないか?、と思っていたのですが、ちゃんと雪国らしいホワイトクリスマスにしてくれました。
 それに今年は雪を待っていたもう一つの理由があります。・・・それは、熱塩駅の構内に日本一大きな「雪小法師」(雪の起き上がり小法師)を造る計画があるのです!・・・来年の1月11日から熱塩駅に訪れた方々に参加してもらいながら造りだし、2月の末に完成させる予定です。・・・ぜひ皆様お友達を連れてご参加下さーい。・・・それにともない熱塩温泉組合では、1泊2食-\\5,000のモニター宿泊(200名まで)を募集しております。まだ半分位しか集まっていないようですからお早めにお申込下さい。(問合せ先「熱塩温泉組合」0241-36-3138)





福島県のチャンピオン牛


2009/12/17

福島県のチャンピオン牛福島県のチャンピオン牛福島県のチャンピオン牛

今年の11月21日に開催された第42回福島県肉牛共励会(福島県一の食肉牛を決める大会)で喜多方市塩川町に住む「斉藤栄信」さんが育てた「会津塩川牛」がNО1(チャンピオン)に選ばれました。パチ・パチ・パチ・パチ!・・・なんと福島県各地から選りすぐりの黒毛和牛が80頭も集まった中でのチャンピオンですから、大変価値のあるものです!!!従来ですと、チャンピオンに輝いた黒毛和牛は高値で取引される首都圏に出荷されるのですが、今年はたまたま会津の業者が競り落としたことから、日頃塩川牛を応援し積極的に使用している弊社が特別に仕入れることが出来ました。通常の2倍近い値段で大変厳しいのですが、山形屋では顧客の皆様に一年のご愛顧に感謝し、ほぼ原価に近い価格でクリスマスウィーク(12/24〜12/26)に提供しております。・・・ぜひ、今年(うし年)のクリスマスは、頑張った自分へのご褒美に、最高の牛(年)を食べて・・・最高の虎(年)を迎えてみてはいかがですか!!!・・・チャンピオンとともにお待ちしておりマース。





0泊2食「スーパー日帰り」


2009/12/10

0泊2食「スーパー日帰り」0泊2食「スーパー日帰り」0泊2食「スーパー日帰り」

7〜8年前から、2日間つづけて休みがとれない方や、小さいお子様や介護を必要とする家族、又はペットが複数いる等の理由から、泊まることが出来ない方々のために、チェックイン10:30〜チェックアウト21:30という0泊2食の11時間滞在が出来る「スーパー日帰り」という企画を立ち上げ、そこそこの支持をいただいておりました。・・・それが最近、同じように長時間滞在ができる日帰りのプランが首都圏を中心にヒットしているとのことで、本日その草分け的存在である弊社を、テレビ局が取材に訪れました。・・・1月の中旬から下旬にかけて福島県を皮切りに東北6県で放映されるそうです。・・・ご期待下さい。ただこの冬は「スーパー日帰り」という名前ではなく「天地人スペシャル日帰り」に改名しております。





会津のかおり


2009/12/05

会津のかおり会津のかおり会津のかおり

「会津のかおり」とは・・・会津地方の蕎麦の在来種から選抜育成し、平成21年3月に品種登録された福島県オリジナルの品種のことを言います。豊かな香りと弾力のあるコシが特徴であり魅力です。・・・その品種の蕎麦粉を使用した福島県各地の蕎麦が喜多方に勢ぞろいして、本日から明日まで「会津のかおりそばフェスタ」が開催されております。さっそく私も行ってまいりました。

「出店団体」
・会津山都そば協会------喜多方市
・塩川そば友の会--------喜多方市
・会津磐梯そばの会------磐梯町
・中野生産組合----------郡山市
・いわき高原そばの会----いわき市
・おぐにの郷------------喜多方市
・猪苗代手打ちそばの会--猪苗代町
・笙の幻流蕎麦道場------福島市
・白河の関そば道場------白河市
・かわうち夢工房--------川内村

*同じ品種の蕎麦を使っていても栽培された場所や造り手の違いによって、かなり違った蕎麦になることを実感いたしました。ぜひ、食べ比べてみて下さい。





穏やかに幕を開けた師走


2009/12/01

穏やかに幕を開けた師走穏やかに幕を開けた師走穏やかに幕を開けた師走

本日は、雪国の師走とは思えないような穏やかで温かい一日になりました。とてもこれから厳しい冬がやって来るような気配は微塵も感じられません。住んでいる人達にとってはこんな冬であったらどんなにか楽であろうかと思うのでしょうが、訪れる方々にとっては雪のない雪国では魅力を感じないことでしょう。・・・誰のためにと言うことではありませんが、新しい命が誕生する感動の春を迎えるためには、リセット役の冬が本来の厳しさを発揮してくれることも必要であろうと、冬支度を万全に整えながら思いました。





三の倉高原からの雲海


2009/11/29

三の倉高原からの雲海三の倉高原からの雲海三の倉高原からの雲海

今月の初めに初雪が降ってからは暫く暖かい日が続いております。こんな時は霧が出やすく、上空が明るく感じた時に近くの「三の倉高原」に車を走らせていくと、突然真っ青な空が表れ、下界には雲海が広がっていると言う、ご覧のような光景に出会うことがあります。・・・これを見つけたときの感動は、思わず空を飛びたくなってしまうほどです。





喜楽里博の取を飾る2つのウォーク


2009/11/21

喜楽里博の取を飾る2つのウォーク喜楽里博の取を飾る2つのウォーク喜楽里博の取を飾る2つのウォーク

73日間というロングランで開催されている喜楽里博も、いよいよ大詰めに近づいてまいりました。その取を飾るにふさわしい2つのウォーキングが開催されます。その一つは本日新宮熊野神社で行われます「長床ウォーク」であります。シンボルの大イチョウも前回のブログで紹介したとおり黄色いジュウタンを敷き詰め見頃を迎えております。きっと多くの人の心に感動を与えることでしょう!
 そして、もう一つは11月28日に行われます大峠レインボーウォークです。17年ぶりに復活するこのウォーキングは、まさに現在のウォーキングブームの草分けであり、私にとって思い出深い特別の響きを感じます。・・・思えば17年前、初めて米沢と喜多方が国道121号バイパスによって繋がる1ヶ月前に、当時喜多方青年会議所に所属していた私は、米沢の青年会議所のメンバー達と協力し合い、会津側から1000人、米沢側から1000人同時に歩き出し、出会ったところでプレゼントを交換し合うというイベント「虹のトンネル愛の架け橋・大峠レインボーウォーク」を実行委員長として開催したのであります。米沢側の先頭を歩いてきた約100人程の浴衣と花笠の衣装を身に着けた方々が、我々会津側の人達を見つけると同時に大きな音楽と共に花笠音頭を踊りだす姿は、今でも鮮明に脳裏に焼きついております。・・・ただ今回開催されるウォーキングは、今まで会津側の県道を供用していた部分(7k程度)の国道完成を祝うウォーキングでありますから17年前のものとは内容は異なるのですが、それでもその時の事を思い出しながら歩いてみたいと楽しみにしております。





長床・大イチョウ・・・ライトアップ


2009/11/19

長床・大イチョウ・・・ライトアップ長床・大イチョウ・・・ライトアップ長床・大イチョウ・・・ライトアップ

樹齢800年と云われる新宮熊野神社長床の脇にそびえる大イチョウのライトアップが始まったとのことで、昨晩写真を撮りに行ってまいりました。ご覧いただいているようにとても幻想的な雰囲気を醸しだしていて、あっと言う間に800年前の源平の時代にタイムスリップしていくような錯覚に陥りました。ライトアップは明日まで開催されております。





いよいよ大詰め・・・喜楽里博


2009/11/13

いよいよ大詰め・・・喜楽里博いよいよ大詰め・・・喜楽里博いよいよ大詰め・・・喜楽里博

9/19〜11/30の期間開催されている「きたかた喜楽里博」も残すところ2週間ちょっとになり、大詰めのイベントが各地で繰り広げられております。・・・
「それではいくつかピックアップしてご紹介いたします。」
*長床大いちょうライトアップ(11/15〜22)「新宮熊野神社」
 (有名な長床の大いちょうがライトアップされて幻想的な雰囲気  をかもし出します。なんと拝観料も無料です。)
*第40回新そば舌調べ(11/15,10:30〜)(大人\\2500,子供\\500)
   熱塩加納夢の森(要予約0241-36-3044若菜)
 (地元名人が、挽きたて打ちたて茹でたての3たてにこだわっ   た地元のそばが食べ放題になります。)
*まほろば街道そぞろ歩き(11/15,8:30〜)「長床〜願成寺」
 (会津まほろば街道を歩く3コース。開会式は会津美里町で、そ の後喜多方に移動してスタート)





紅葉に雪が積もるとき・・・


2009/11/06

紅葉に雪が積もるとき・・・紅葉に雪が積もるとき・・・紅葉に雪が積もるとき・・・

先日クライマックスを迎えていた紅葉の木々に、初雪が薄っすらと積もりました。・・・燃えるような山々が、一晩で真っ白に染まっていた朝の光景をご覧になった都会のお客様達は、きっと驚かれたことでしょう。・・・でもそれよりも、その後太陽の日差しによって再び宝石のように表れる紅葉の木々の輝きには、驚きを遥かに超えた感動があったにちがいありません。・・・そしてそれは、ロウソクが消えてなくなる直前に、それまでに最も強く光り輝く姿に、良く似ていました。





このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る