福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル 宿泊プラン一覧・ご予約 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル ご予約・お問い合わせ TEL 0241-36-2288 0241362288 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル

一流の田舎Blog ここ熱塩加納町の自然と文化と人々をこよなく愛する、山形屋主のブログです。宿屋周辺での出来事や、四季の変化等を不定期に更新してまいりますので、お楽しみください。

トップコメント



秋の気配


2010/08/30

秋の気配秋の気配秋の気配

未だかつて経験したことのないような暑い夏が続いております。何時になったら秋になるのだろうかと、注意深く周りを観察してみると・・・やはり、秋は此処彼処に忍び寄っておりました。ご覧の風景からもなんとなく秋の気配を感じていただけるのではないでしょうか!





喜多方発・・・生ビール列車


2010/08/23

喜多方発・・・生ビール列車喜多方発・・・生ビール列車喜多方発・・・生ビール列車

昨年に続き今年も「喜多方駅」から「猪苗代駅」を往復する生ビール飲み放題のカラオケお座敷列車に参加してまいりました。今年の弁当は山形屋プロデュースということで気合が入りましたが、みなさん大変喜んでいただいたようで安心いたしました。参加者の90%以上は地元の方々でしたが、磐越西線を猪苗代に向う道中、夕陽に輝く磐梯山が右の窓に見えたり左の窓に見えたりする光景は、旅行者ならずとも感動したにちがいありません。





一流の田舎プチ冒険


2010/08/20

一流の田舎プチ冒険一流の田舎プチ冒険一流の田舎プチ冒険

暑い夏のせいもあってか、すっかり川遊びにはまってしまった私は、ぜひ、お客様にもこの魅力を味わっていただこうと、約2時間程の沢登り散歩コースを創ってしまいました。写真の川は栂峰渓流と交わる野辺沢川という川ですが、栂峰に負けじ劣らずの清水で野趣溢れる素晴らしい清流であります。ただ、ここのところ全国各地でゲリラ豪雨による川の事故が多く、怖がって中々お客様が挑戦しようとしないので、昨日安全を証明しようと自ら犬を連れて散歩してきました。





誰も気に留めなかった・・・小さなイベント


2010/08/14

誰も気に留めなかった・・・小さなイベント誰も気に留めなかった・・・小さなイベント誰も気に留めなかった・・・小さなイベント

日本名水100選に選ばれた栂峰渓流水が注ぐ桧沢湖(日中ダム)で、本日小さなイベントが催されました。・・・土砂で造られたロックフィルダムでは東北最大級と言われる日中ダムを、住民に広く知ってもらおうと毎年企画されて今年で19回も行われているそうです。・・・とても地味で、お世辞にも面白いとは言えないイベントではありますが、何時も蛇口をひねると当たり前のように出てくる水道の仕組みを知る上では、とても重要な催しであると、この日限定で公開されたダムの底の監査廊下を歩きながら感じました。





着地型観光体験パート2・・・沢登り


2010/08/07

着地型観光体験パート2・・・沢登り着地型観光体験パート2・・・沢登り着地型観光体験パート2・・・沢登り

本日、熱塩加納町公民館が主催した「さわ・サワ・爽やか・沢登り」が行われたので、私もその軽いノリに誘われて参加してまいりました。・・・ネーミングとは裏腹に、実際は往復5k、標高差500m、所用時間8時間とけっこうハードなものでしたが、日本名水100選に選ばれた栂峰渓流の沢登りとあって、ブナの原生林の中を縫うように流れる清水とその風景は、我々参加者の疲れを吹き飛ばし、快い感動を与えてくれました。
(カモシカ?のように景色に同化しているのが私です!)(糸滝にて)





着地型観光体験・・・カヤック


2010/08/02

着地型観光体験・・・カヤック着地型観光体験・・・カヤック着地型観光体験・・・カヤック

カヤックはカヌーに似た船ですが、激流を下ったりすることから上部が潜水艦のようにクローズされた物を言います。昨日そのビギナー体験が喜多方市の高郷町で開催されたので、私も参加してまいりました。本来は塩川町の体験メニューですが、初心者ということで流れがほとんどない高郷の川に移動しての講習でしたが、昔、二人乗りボートを漕ぐのが得意であった私は直ぐにそのコツを覚え、すっかり虜になってしまいました。この次はぜひ、スキルアップコースで川下りをやってみたいと思います。





オンリー・ワンの・・・夏休み


2010/07/26

オンリー・ワンの・・・夏休みオンリー・ワンの・・・夏休みオンリー・ワンの・・・夏休み

梅雨明けして一週間が経過いたしますが、こんな強烈に暑い夏は久しく経験したことがございません!・・・まさしくヒートアイランド日本と言ったところでしょうか?・・・さすがに水が恋しくなり「一流の田舎」とっておきのシークレットゾーンに行ってまいりました。・・・「日本名水100選」にも選ばれたこの栂峰渓流は、熱塩温泉から車で15分徒歩5分の福島と山形の県境(大峠沿い)にありますが、殆んどの方が知らずに素通りし地元の人でさえ滅多に行くことがない処であります。・・・大勢集まるメジャーな場所も賑やかで楽しいかもしれませんが、このような処を探す自分達だけの夏旅もワクワクして面白いのではないでしょうか!・・・ぜひ、オンリーワンの夏休みを見つけに、大切な方々を誘ってお出かけになってみてください!・・・一流の田舎には、そんな秘密な場所が至る所にございます。





梅雨明けの空に・・・


2010/07/20

梅雨明けの空に・・・梅雨明けの空に・・・梅雨明けの空に・・・

強烈な風と豪雨によって高らかに梅雨明け宣言がされた喜多方の空に、この日を待ちかねていた鳥人間達が次々に飛び立っていきました。昨日の嵐がまるで嘘だったかのように、抜ける様に広がった真夏の青空は、これから始まるひと夏の楽しい出来事を予感させるように、ファンタァジックに輝いていました。(希望によってパラグライダーの2人乗り体験ができます!要予約)





ゲリラ豪雨に襲われた・・・レトロ横丁


2010/07/19

ゲリラ豪雨に襲われた・・・レトロ横丁ゲリラ豪雨に襲われた・・・レトロ横丁ゲリラ豪雨に襲われた・・・レトロ横丁

喜多方市民の手作りイベントであるレトロ横丁が、今だかつて経験したことのないようなゲリラ豪雨に襲われ惨憺たる有様になってしまいました。七夕飾りは殆んどが落ちてしまい、みんなが楽しみにしていた仮装行列も中止になってしまいました。・・・さぞ、中心になって活躍していた友人たちは落胆しているだろうと思いきや、梅雨明けの青空のようにケロッとして仕事をしていたので安心しました。喜多方市民は逞しいですねー・・・むしろ、よりいっそう絆が深まったようだと微笑ましく感じました。(写真は豪雨前の映像です)





この夏も会津へ・・・


2010/07/18

この夏も会津へ・・・この夏も会津へ・・・この夏も会津へ・・・

JR東日本が会津DCの後5年に亘って行った「この夏も会津へ・・・キャンペーン」が、とうとう最終年を迎え、今年でその役目を終わるであろう「特急あいづ」の歓迎セレモニーが昨日喜多方駅で賑々しく行われました。毎年夏になるとあたり前のように行われてきたキャンペーンや「特急あいづ」の運行も、今年が最後なのかと思うと、始まりのセレモニーだというのに一抹の哀感を憶えました。そして、これまで疲弊していた会津にスポット当て続け観光の振興に尽力してくださったJR東日本の方々や元市長の顔が浮かび、心から感謝したい気持でいっぱいになりました。





懐かしいが・・・新鮮


2010/07/15

懐かしいが・・・新鮮懐かしいが・・・新鮮懐かしいが・・・新鮮

今年で6回目を迎える「喜多方レトロ横丁」がこの週末(7/17〜18)にメインストリートのふれあい通りで行われます。昭和初期の映画館やお化け屋敷等多彩な出し物が竹の七夕飾りに彩られて繰り広げられますが、何と言っても仮装行列が一番盛り上がるところです!
50代以上の方々はきっと懐かしさで胸がいっぱいになることでしょうし、20代以下の若者達には逆にそれが新鮮に感じて、結構親子で楽しめるようです。





地産地消福島の宿


2010/07/14

地産地消福島の宿地産地消福島の宿地産地消福島の宿

県旅連(福島県旅館ホテル生活衛生同業組合)のホームページに「地産地消福島の宿」ブログコーナーが開設され、弊社の「宿六ふるさと日記」とリンクされるようになりました。・・・それを記念しての投稿です!

弊社は今から15年前の平成7年10月にリニューアルオープンいたしました。屋号も「ホテルニュー山形屋」から「熱塩温泉山形屋」に改名したことで、ニューがとれたら新しくなったんだねーとよく冷やかされたものでした。
 そのころから「一流の田舎」を目差そうと地元の誇れる文化を探し旅館経営に取り入れてまいりました。たまたまその頃の「熱塩加納村」は有機農業で全国的にも有名であったために、逸早く地元農家と提携し無農薬の農産物を仕入れて旅館の手作り料理としてお客様に提供してまいりました。その頃はまだ地産地消という言葉すらなく、その取り組みをPRしても集客に繋がるものではありませんでしたが、観光が一人歩きすることなく地域と共に発展していきたいという経営理念を掲げた弊社のスタンスとしてぶれることなく現在も続けているところであります。また、このような取り組みを実践することにより、旅館やホテルは地域文化の発信の場としての役割を果たすべきであると言う考えが芽生え、心あるお客様の感想を生産者や制作者にフィードバックしてまいりました。それによって提携農家の米が「全国米食味コンクール」で三年連続で金賞を受賞するなど、地域文化の発展にも大きな貢献をしてきたものと自負しているところでございます。
 観光が国の基幹産業になりつつある現在、全国各地の同業者が地域のリーダーとして「郷土愛」のもとに「地産地消」の取り組みを出来る範囲で行っていただきたいと強く望んでいるところです。





移り気・・・


2010/07/12

移り気・・・移り気・・・移り気・・・

憂鬱な梅雨が続いておりますがいかがお過ごしでしょう。
生きとし生けるものにとっては重要な天の恵ではありますが、正直のところ気が滅入ってしまいます。・・・でも、そんな気分をいっとき和ませてくれるのが、雨に咲く「紫陽花」なのではないでしょうか?・・・「移り気」という花言葉が示すように、立ち止まって見る人の色に、染まっていくような妖しい色気を感じます。・・・梅雨が開けるまでは、暫しその色気に浸っているのも悪くはないような気がする今日此の頃です。





キスゲシャトル・・・満員


2010/07/07

キスゲシャトル・・・満員キスゲシャトル・・・満員キスゲシャトル・・・満員

昨日「ニッコウキスゲ」を見に雄国沼に行ってまいりました!
一日17往復もしているシャトルバスがほぼ毎回満員状態で、多いときには一日2000人を超えるそうです!・・・それでも雄大な雄国沼は、その程度の人間は飲み込んでしまい、混雑しているような感じはいたしませんでした。・・・花は現在八部咲きと言ったところでしょうか!おそらくこの週末が最高の見頃だと思います。・・・大切な人を連れて、そっとお出かけ下さい。





雄国沼ニッコウキスゲ・・・満開ウィーク


2010/07/04

雄国沼ニッコウキスゲ・・・満開ウィーク雄国沼ニッコウキスゲ・・・満開ウィーク雄国沼ニッコウキスゲ・・・満開ウィーク

一週間ほど遅れていた雄国沼のニッコウキスゲが、いよいよ満開になるイエローウィークがやって来ました。自然保護のためマイカーや観光バスでは頂上までは行けずシャトルバスでの往復になりますが、その不便さにも着地型観光の醍醐味が感じられます。
ぜひ一度足をお運び下さい!・・・尾瀬沼とは一味違う感動がそこにあります。





喜多方の・・・花リレー


2010/06/30

喜多方の・・・花リレー喜多方の・・・花リレー喜多方の・・・花リレー

とうとう6月の花「ひめさゆり」も、遅咲きの数厘を残してきれいになくなりました。・・・「福寿草」から始まった喜多方の花リレーは、「桜」-「菜の花」-「だいこんの花」-「ひめさゆり」-「花菖蒲」-「蕎麦の花」とバトンを繋いで、今7月を代表する「ニッコウキスゲ」が5部咲きになっております。来週あたりが最高の見頃となることでしょう!!!・・・尾瀬にも匹敵する程の雄大な雄国沼の「ニッコウキスゲ」を、ぜひご覧いただきたいと思います。・・・その後は、「紫陽花」-「ひまわり」と続きます。乞うご期待!





夏へ向って・・・アスパラ-ジャパン


2010/06/23

夏へ向って・・・アスパラ-ジャパン夏へ向って・・・アスパラ-ジャパン夏へ向って・・・アスパラ-ジャパン

熱塩加納町は、ひめさゆりが終わりになると名物のアスパラを夏取りに備えて伸ばし始めます。きっと夏の直射日光を避けるために日陰を造るのではないかと思われます。・・・普通はその間2〜3週間は美味しいアスパラともお別れですが、春取りしかやらない農家もたくさんあるので、30件以上の農家と提携している山形屋は、9月いっぱいほぼ切れ目なく地元産のアスパラが食べられます。・・・夏取りのアスパラは、春取りより若干甘みが弱くなります。主役を張っていた春から別の夏野菜を引き立てる名脇役になっていくのです。
その姿が、あたかも今ワールドカップで戦っている「中村俊輔」に似ている様に思いました。(中村俊輔のお母さんは喜多方の塩川町出身です・・・俊輔も「塩川牛やアスパラ」を食べて育ったのかも知れません)フォワー・ザ・チーム・・・フォワー・ザ・ジャパン・・・「フレー・フレー・ナ・カ・ム・ラ」・・・皆さまもぜひ、俊輔も食べていたに違いない「アスパラ」と「塩川牛」を食べに山形屋に来てサムライジャパンを応援しましょう!!!





ひめさゆり・・・満開!


2010/06/18

ひめさゆり・・・満開!ひめさゆり・・・満開!ひめさゆり・・・満開!

例年より10日以上遅れて、ついにひめさゆりが満開になりました。明日明後日の土日が最後の花見になることでしょう!・・・でも、この情報はどこにも紹介されないので、ほとんどの方はもう終わっていると思っていることでしょう!!!返す返すも残念なことです!・・・このブログをご覧になったラッキーな皆さま、ぜひ、足をお運び下さい!!!さらに、ついでに山形屋に泊まろうか?・・・という方には、宿六からステキなプレゼントをしたいと考えております。・・・宿六日記を見たよー!・と言ってご予約下さい!





ひめさゆり・・・いよいよ見頃!


2010/06/13

ひめさゆり・・・いよいよ見頃!ひめさゆり・・・いよいよ見頃!ひめさゆり・・・いよいよ見頃!

6月1日から「ひめさゆり祭り」が開催されておりましたが、4月〜5月の天候不順の影響で中々花を咲かせてくれず関係者をやきもきさせておりました。しかし、ここのところの暑さのお陰で一気に花を開き始めやっと8分咲きまで到達いたしました。・・・正に今週が最高の見頃となることでしょう!・・・これからの天気にも左右されますが、ピークはおそらく今週の土曜日あたりかと思われます。・・・一年に一度「熱塩加納町」が最高に輝く姿をご家族やご友人を誘って、ぜひ観に来て下さい。





小さなコンシェルジュ・・・準備完了


2010/06/09

小さなコンシェルジュ・・・準備完了小さなコンシェルジュ・・・準備完了小さなコンシェルジュ・・・準備完了

ひめさゆりが咲くちょうど今頃になると、田植えが終わった後の田んぼに、害虫の駆除と草取りを役目とする合鴨達がお目見えいたします。その小さな愛らしい仕事ぶりは、ひめさゆりを観に行く人々の心をくすぐり、おもわず車を止めて暫し見入ってしまうほどあります。今年は天候が不順でひめさゆりの開花が2週間ほど遅れていましたが、この小さなコンシェルジュ達にうながされるように、ひめさゆりも負けじとここ数日一気に花を咲かせ始めました。・・・みなさまどうぞ新緑の風景も役者も揃った熱塩温泉に、大切な方をお誘いになって、お出かけになってみてはいかがてしょう。





このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る