福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル 宿泊プラン一覧・ご予約 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル ご予約・お問い合わせ TEL 0241-36-2288 0241362288 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル
電話予約受付は19時まで

一流の田舎Blog ここ熱塩加納町の自然と文化と人々をこよなく愛する、山形屋主のブログです。宿屋周辺での出来事や、四季の変化等を不定期に更新してまいりますので、お楽しみください。

トップコメント



"地産地消福島の宿"・・・3月


2011/03/01

"地産地消福島の宿"・・・3月"地産地消福島の宿"・・・3月"地産地消福島の宿"・・・3月

弊社では、地産地消の仕事人として県内の旅館ホテルに素材に対するアドバイスを行っている「素材広場の横田純子」さんをお呼びして、毎月、料理ミーティングを行っております。
 本来弊社のこだわりは「身土不二」にあり、半径10kの食材を出来るだけ多く使用してお料理を提供させていただいておりますが、3月という月は雪室保存の野菜も底をつき一年中で一番地元食材が不足する時期であるために、食材を調達する範囲を広め会津全域さらに福島県全域に広め素材広場に仕入れを依頼いたします。・・・ということで今月のメインディッシュは「三島町の会津地鶏を使用した生ハム」です。全国でも地鶏の生ハムは手間がかかるため稀少価値が高いのだそうです。・・・ぜひ、お仲間をお誘いになってお出かけ下さい。今月の中旬になると山都町の「福寿草まつり」も始まります。





感動の一日


2011/02/24

感動の一日感動の一日感動の一日

日々を過す中で極端に重く充実した一日と言うのが誰にも存在するものです。私にとって一昨日はそんな一日でした。着地型観光では日本の第一人者である和歌山大学の「大沢健教授」の講演会から始まり、喜多方市役所を退職してサックス奏者になった「板橋亮」君のコンサートそして、弊社の後援団体である山形屋夢倶楽部の総会とそれぞれに濃い感動的な行事になりました。全部を紹介しきれないので全てが一同に会した懇親会の写真でご想像下さい。





全国ラーメンフェスティバルin喜多方


2011/02/20

全国ラーメンフェスティバルin喜多方全国ラーメンフェスティバルin喜多方全国ラーメンフェスティバルin喜多方

昨日と今日喜多方で、全国から選りすぐりのラーメンを集めた味の競演がありました。毎年冬まつりの一環として行われ今年で11回目になります。毎年色々なラーメンを食べてみますが、やっぱり喜多方ラーメンが一番です。・・・東京の大学に行っている娘達も、家に帰って来ると何時も同じ事を口にするのが良く分ります。





地産地消福島の宿


2011/02/18

地産地消福島の宿地産地消福島の宿地産地消福島の宿

清酒品評会で「金賞」を受賞した喜多方の酒屋4社の酒と、弊社の地産の創作料理を楽しむモニターツアーが3月に国土交通省とJTBのコラボで実施される前に、関係者による試食会が弊社で行われテレビ局の取材が入りました。・・・この模様は2月21日18:00よりスイッチという番組で放映されます。





温泉で美しく!・・・石井宏子講演会


2011/02/17

温泉で美しく!・・・石井宏子講演会温泉で美しく!・・・石井宏子講演会温泉で美しく!・・・石井宏子講演会

「温泉は地球がくれた天然のビューティーツール」という独自の視点で温泉と美容を唱え続けて全国を講演している「石井宏子先生」をお招きして講演会を開催いたしました。昨年に続き2回めと言う事と参加者の中に旅館関係者が多いと言うこともあり、今回は「温泉と地域の魅力を生かす旅」という演題でユーザーの視点だけでなく受け入れ側へのメッセージが多く大変勉強になりました。・・・熱塩温泉組合では来年度一年を通じて石井先生の指導を受けながら"喜多方観光における温泉の位置づけ"について女性の視点から新しい商品作りに取組みます。ご期待下さい!





春・・・遠からじ


2011/02/14

春・・・遠からじ春・・・遠からじ春・・・遠からじ

さすがに立春を過ぎると厳しい冬の中でも春の気配が感じられます。喜多方でも「冬まつり」の中に「雛の蔵巡り」という春を意識させるイベントも組み込まれております。「めざせ雪小法師2011個」を開催中の熱塩駅では1mをはるかに超える雪の中にカワイイ雛小法師を造り、春の気配を演出しました。





喜多方のコンシェルジュ


2011/02/10

喜多方のコンシェルジュ喜多方のコンシェルジュ喜多方のコンシェルジュ

喜多方では3年前から観光の質を向上させる目的でコンシェルジュ(旅の相談係)を養成しております。昨日はその試験日でした。今年からインバンド(外国客)の受入のために喜多方在住の外国人を募集したところ英語圏のフィリピン人2人と中国人及び韓国人の4人の応募があり、私も面接官のひとりとして臨みました。・・・4人とも真面目な良い方々で,合格して喜多方の為に活躍してほしいと心の底から願いました。





めざせ「雪小法師」2011個


2011/02/02

めざせ「雪小法師」2011個めざせ「雪小法師」2011個めざせ「雪小法師」2011個

1月から始まった「熱塩駅」に西暦にちなんで2011個の「雪小法師」を造って冬を元気に乗り切ろう!という熱塩温泉組合の取り組みをテレビ局が取材にまいりました。ちょうど地元の保育園の子供達が遊びに来ていたのでとても良い感じに収録されたようです!・・・福島県内の方なら2月15日am9:55からグーテンという番組でご覧いただけます。





除雪の後は・・・楽雪


2011/01/30

除雪の後は・・・楽雪除雪の後は・・・楽雪除雪の後は・・・楽雪

マスメディアの天気予報(雪の情報)はオーバーで、会津を含め東北地方は風評被害により閑古鳥が鳴いています!・・・この週末も大雪警報とか大荒れになる等と報道するものですからお客さんが怖がって旅行を敬遠してしまいます。・・・確かに昨年より雪は早い時期に降り多目ではありますが、この位の雪の年はザラニあります。大荒れになるはずの昨日はたったの10cm位の積雪で、この辺の人は誰も外に出て除雪などしていません!・・・雪国の冬は、雪があってこそ魅力があるものです!、そういう意味では今年は最高に美しく魅力的な冬です!・・・みなさまぜひ、雪を楽しみにお出かけ下さい!





圧勝「雪小法師」大明神・・・完成


2011/01/25

圧勝「雪小法師」大明神・・・完成圧勝「雪小法師」大明神・・・完成圧勝「雪小法師」大明神・・・完成

熱塩(あつしお)を方言であっしょうと呼ぶことをヒントにした「熱塩温泉は・圧勝温泉」のイベントがいよいよ始まり、そのシンボルとなる「圧勝大明神」の雪小法師を温泉組合員全員で制作しました。・・・けっこう迫力のある雪像が完成し、熱塩から圧勝行きのキップとま相俟って静かな話題を呼んでおります!





熱塩温泉は・・・あっしょう(圧勝)温泉


2011/01/23

熱塩温泉は・・・あっしょう(圧勝)温泉熱塩温泉は・・・あっしょう(圧勝)温泉熱塩温泉は・・・あっしょう(圧勝)温泉

会津に住むお年寄り達は、熱塩温泉をあっしょう温泉と訛って発音いたします。(例)「あっしょうさー風呂入りに行くベー」ってな具合です!・・・そこにヒントを得て面白いイベントを考えました。題して「熱塩温泉は・・・あっしょう(圧勝)温泉」・・・内容は、「熱塩駅」をメイン会場に絶対に倒れない「雪小法師」を造って圧勝祈願(合格・就職・当選・その他勝負事等)をするものです!・・・それにともない熱塩温泉では、圧勝カツ丼付温泉入浴休憩(2,011円)や圧勝カツ丼と勝利を取り持つ塩川名物のトリモツ付1泊3食の宿泊(8,888円)の企画を考えました。・・・勝利に飢えている方は、ぜひお出かけくださーい!・・・なお、本日(1/23)午後1時よりオープニングイベントとして11体の雪小法師を公開参加で造ります!





歳の神(さいのかみ)


2011/01/17

歳の神(さいのかみ)歳の神(さいのかみ)歳の神(さいのかみ)

昨夜、正月のしめ飾りを焼きながら餅やスルメを焼いて食べお神酒をいただく「歳の神」という会津の伝統行事が行われました。全国的には「どんど焼き」と言うのだそうですが、正式には正月に訪れた歳の神(としのかみ)がお帰りになるので藁や萱と一緒にしめ飾りを焼くこと事態を「どんど焼き」と言うのだそうです。昔は誕生日を祝う週間があまり無く、正月に歳の神に一つ年をいただきましたという感謝の気持ちと来る年の幸運や健康を祈る行事だったそうです。





冬の・・・「一流の田舎」ふだん着の旅


2011/01/11

冬の・・・「一流の田舎」ふだん着の旅冬の・・・「一流の田舎」ふだん着の旅冬の・・・「一流の田舎」ふだん着の旅

毎年冬の恒例行事になりつつある「お秀さんの会津・雪いっぱいツアー」は、横浜在住の私の叔母「秀子さん」が自分のブティックの常連さんを連れてくる旅行です。毎年のように「今年が最後よ!」と言うのですが、それを言い出してからかれこれ五回くらいはやっています。さすがにもうネタ切れになったようで私に丸投げをしてきたので、地元の人が楽しんでいるような「ありのまま」の旅を提案しました。題して「一流の田舎」ふだん着の旅・・・内容は冬の会津の風物詩である「十日市」と喜多方の「初市」をメインにして、中日を地元の版画家「斉藤清」の冬の会津のエッセンスを加えた2泊3日の旅です!・・・昨日の「十日市」はみなさん大変喜んでおられました。
(写真は明日の初市でお披露目される雪像(小法師)です!)





冬の喜多方も元気です!


2011/01/08

冬の喜多方も元気です!冬の喜多方も元気です!冬の喜多方も元気です!

「冬の喜多方も元気です!」を合言葉に始まった「雪小法師コンテスト」も今年で6年目を迎えます。・・・11月の最後の連休(勤労感謝の日)を過ぎるとピタッと観光のお客さんが訪れなくなる冬の喜多方を何とか活性化したいと浮かんだアイディアが、会津の伝統民芸の「起き上がり小法師」を雪で造るという「雪小法師」でした。当初の目標は一家に一つの雪小法師を造ると言うものでしたが、紆余曲折の末喜多方の初市に合わせて協力団体を募って雪像のコンテストを行うという形で定着いたしました。・・・中々喜多方全体が盛り上がるというイベントになるには時間がかかりそうですが、何時かはみんなの努力が報われる日が必ず来ると信じたいものです。





小さな温泉町の身の丈の初詣


2011/01/01

小さな温泉町の身の丈の初詣小さな温泉町の身の丈の初詣小さな温泉町の身の丈の初詣

熱塩温泉と人々の暮らしを高台から見守っている「温泉神社」は、夏には住民によって身の丈のお祭りが行われ、正月は数少ない住民の初詣の場所になります。・・・今朝も毎年恒例の静かな初詣をしてまいりました。誰にもすれ違う事のない参道を歩きながら、こんな小さな神社でさえも数百年もの間人々の郷土愛によって護られてきたのかと、繋いできた先人達の想いに敬意を表すると共に深く感謝したい気持になりました。





嵐の前の静けさ・・・だった!


2010/12/27

嵐の前の静けさ・・・だった!嵐の前の静けさ・・・だった!嵐の前の静けさ・・・だった!

クリスマスイブは熱塩駅の静寂の中で、サイレントナイトに一人で酔いしれていたのですが、クリスマスから降り始まった雪はホワイトクリスマスなんていう悠長なものではなく集中豪雨ならぬ集中豪雪になりました。・・・熱塩温泉はそれでも毎年一二度はある程度の積雪でしたが、会津若松の雪は半端ではなく、1日で積もった雪としては過去最高タイの115センチにも達しました。・・・サイレントナイトは、聖夜だったからではなく、嵐の前の静けさだったのですねー!---アーメン





誰もいない・・・クリスマス


2010/12/25

誰もいない・・・クリスマス誰もいない・・・クリスマス誰もいない・・・クリスマス

イルミネーションで彩られる都会の派手なクリスマスとはうって変わって、田舎のクリスマスはとても地味です。そんな中で毎年恒例の「熱塩駅」クリスマスライトアップが一昨日から始まりました。・・・誰もいない熱塩駅は、チャップリンの「街の灯」を彷彿させるような何とも云えない物悲しさが漂っており、ホームにはうな垂れたチャップリンが今にも現れるような気がして、まるで映画の一シーンを見てるような錯覚におちいりました。正にサイレントナイトとはこんな場所を言うのでしょう!・・・皆様もぜひ、詩人になりに足を運ばれてみてはいかがでしょうか!





待望の・・・日本画展


2010/12/23

待望の・・・日本画展待望の・・・日本画展待望の・・・日本画展

芸大を卒業した後ずっと横浜で活躍をしていた一人の芸術家(日本画)が、何を思ってか18年前から熱塩の奥山に拠点を移して現在に至るまで半自給自足で数人の仲間たちと創作活動を行っております。・・・その男の名は「青砥昭修」・・・彼らが住む場所は「黒岩」といって、あまりに自然環境が厳しいために土着民のほとんどは街中へと逃げていった場所なのですが、芸術家達の独特の感性は、そこに多くの感動を覚えるのだそうです。私は、我が古里をこよなく愛してくれた彼らの生き方が好きで、今まで何度も弊社での作品展示をお願いしてまいりました。それが18年目にやっと叶い、昨日から「青砥昭修展」が始まりました。・・・そのテーマは----「郷土愛」





チャンピオン牛・・・入荷しました!


2010/12/16

チャンピオン牛・・・入荷しました!チャンピオン牛・・・入荷しました!チャンピオン牛・・・入荷しました!

本日、待ちに待った福島県NО1和牛「チャンピオン牛」のサーロインが入荷し、調理スタッフによって裁断されました。明日から100g毎に一日3名様限定で3,150円(殆ど原価に近い料金)の別注で承ります!・・・福島県内選りすぐりの80頭の黒毛和牛の中から、昨年に続いて喜多方市塩川町に住む「斉藤栄信」さんの育てた「塩川牛」が最優秀(チャンピオン)に輝きました。それなのに、今は「塩川牛」という正式なブランドは無くなり「会津牛」に総称されるようになってしまいました。・・・それを惜しんで山形屋では「幻の塩川牛」と呼んで何時までも塩川牛を応援しております。・・・皆様ぜひ、福島いや日本の温泉旅館で唯一山形屋でしか食べられない「幻の塩川牛」の中の極上の1頭「チャンピオン牛」をご賞味に特別な方々を誘ってお出かけ下さい!





クリスマス・・・カウントダウン


2010/12/08

クリスマス・・・カウントダウンクリスマス・・・カウントダウンクリスマス・・・カウントダウン

暖冬の様子で雪が無く中々クリスマス気分になれなかったのですが、雰囲気だけでもと思い昨夜ツリーを三体飾りました。
今年も「斉藤栄信」さんの塩川牛が福島県の最優秀和牛(チャンピオン牛)に輝き、「塩川牛」応援団の山形屋が特別、クリスマスから年末年始にかけて仕入れさせていただけることになりました!・・・それも今年は最高級サーロインです。ぜひ、最も大切な方を誘ってお出かけ下さい!





このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る