福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル 宿泊プラン一覧・ご予約 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル ご予約・お問い合わせ TEL 0241-36-2288 0241362288 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル

一流の田舎Blog ここ熱塩加納町の自然と文化と人々をこよなく愛する、山形屋主のブログです。宿屋周辺での出来事や、四季の変化等を不定期に更新してまいりますので、お楽しみください。

トップコメント



さりげらしく春・・・3月


2012/03/02

さりげらしく春・・・3月さりげらしく春・・・3月さりげらしく春・・・3月

本日は3月の2日です。春の気配を感じないわけではありませんが、まだまだ雪はいっぱいあり、どう見てもここ熱塩は冬真っ只中と言ったほうが適切な表現であると思います。ところが、驚く事に雪国の3月というものは「あっ」と言う間に雪の衣を脱ぎ冬から春へと変身して行きます。・・・そのドラマチックな季節を、震災から一年目の今年こそは注意深く観察して行きたいと思っております。





喜多方冬まつり・・・フィナーレ


2012/02/20

喜多方冬まつり・・・フィナーレ喜多方冬まつり・・・フィナーレ喜多方冬まつり・・・フィナーレ

喜多方冬まつりのフィナーレは、やっぱりラーメンでした。オープニングの「蕎麦まつり」の約3倍の盛況ぶりでチョット驚きました。昨年までは、蕎麦もラーメンに迫る勢いで推移していたのですが、今年は大きく水をあけられてしまいました。これはきっと震災が起きたことで原点回帰の心理が働いたのではないかと思います。





熱塩「雪灯篭まつり」


2012/02/19

熱塩「雪灯篭まつり」熱塩「雪灯篭まつり」熱塩「雪灯篭まつり」

喜多方冬まつりの一環として、この度初めて開催された「雪灯篭まつり」は、約30名程の作り手によって300個前後造られ昨夜点灯されました。殆んど宣伝されていないという事もあり見物する人は殆んど居なかったのですが、けっこう美しく、続ける価値のあるイベントであると思いました。





喜多方冬まつり開幕


2012/02/11

喜多方冬まつり開幕喜多方冬まつり開幕喜多方冬まつり開幕

東日本大震災からちょうど11ヶ月目の今日、賑々しく「喜多方冬まつり」が開幕いたしました。まるで何事もなかったように、昨年と変らず始まった「蕎麦フェスタ」では、喜多方の各方部から集まった蕎麦打ち名人達が腕を競い合い、市民や観光のお客さん達が舌づつみを打っていました。あえて昨年との違いを探すならば、一緒に行われた「雪小法師コンテスト」のテーマに「絆」や、それに纏わるものが多かったということでしょうか、同じ福島であっても変わらない日常がおくれることに感謝すると共に、ここ喜多方から福島を元気にしていかなくてはならないと強く感じました。





感動に出会うために・・・生きている!


2012/02/07

感動に出会うために・・・生きている!感動に出会うために・・・生きている!感動に出会うために・・・生きている!

山形屋で生まれて横浜で暮らし湘南でブティックを二軒経営している「おひでさん」が、またまたお店の顧客の皆さんと共に大型バスを仕立てて復興支援の旅に来てくれました。この恒例の冬の旅をやるようになってから20年近くになりますが、会津も殆んどの場所は行きつくしており、毎回「これが最後よ!」と言って帰るのですが、それを最初に口にしてからもう7回目位の訪問になります。さすがに行く場所もなくなり参加される方々もご高齢になられたので、冗談半分で私は「会津ころり3観音参拝がいいんじゃないの!」と提案したところ本当に採用してしまいました。いくら親戚同様のリピーターの方々とはいえ少々強引であったかと思い、あいさつで私はこんな話をしました。
「ころり三観音は安楽往生のために参拝するのですが、死を意識するのではなく、死の直前まで輝いて生きるということが目的であります。そのためには、これから残された人生でいかに多くの感動に出会うかにかかっております!・・・みなさまどうぞこの旅の中でも多くの感動を見つけてお帰りください!」・・・という訳で昨夜は、地元のサックス&キーボードのユニット「亮&かなえ」を呼んで感動のワインパーティーを開催いたしました。写真はその模様です。





いよいよ会津にも・・・


2012/02/04

いよいよ会津にも・・・いよいよ会津にも・・・いよいよ会津にも・・・

連日、日本海側の大雪が報道されていますが、会津はさほどでもなく平年並みの積雪でした。ところがここ数日特に昨夜からの雪は半端ではなく脅威を感じるほどの勢いで降り続いております。こうなると悠長に雪小法師等を造っている場合ではなくなってまいります。一時「ガンバロー福島」ではなく「ガバロー会津」に専念したいと思います。





優しい「圧勝大明神」雪小法師


2012/01/21

優しい「圧勝大明神」雪小法師優しい「圧勝大明神」雪小法師優しい「圧勝大明神」雪小法師

今年も熱塩駅に「圧勝大明神」が出来上がりました。昨年と比べるとオーソドックスなやさしい顔になりました。震災からの復興には、やっぱりみなさんの優しさが必要ですからね!





歳の神に・・・平和を祈る!


2012/01/16

歳の神に・・・平和を祈る!歳の神に・・・平和を祈る!歳の神に・・・平和を祈る!

昨日、会津の伝統行事の一つである「歳の神」が山形屋のすぐ下の畑で行われました。ところによっては「どんと焼き」とも呼ばれ、住民が藁や萱で作った3m位の固まりに年男か年女が火を点け、正月のしめ飾りを燃やしながら無病息災を祈願するものです。
この歳の神の火に当たり身体の前後を炙ると風邪や腹痛にならないという教えがあります。また、その火で餅やスルメを焼いて食べたりしてみんなで楽しみます。
この日山形屋に御泊りのお客様にもお知らせしたところ、寒いせいもあってさすがに現場まで足を運ばれた方は居ませんでしたが、みなさんロビーの窓から目を細めながらご覧らなって居られました。





頑張ろう福島を合言葉に・・・


2012/01/10

頑張ろう福島を合言葉に・・・頑張ろう福島を合言葉に・・・頑張ろう福島を合言葉に・・・

恒例行事に成長した熱塩温泉組合主催の雪小法師造りが昨日「熱塩駅」で行われました。一昨年は大きさ日本一に挑戦し、昨年は西暦にちなんで2011個造るという数に挑戦いたしました。今年も昨年同様2012個に挑戦するのですが、ただそれだけではなくて2012年は会津から福島全体を元気にしようという願いを込めて組合員全員が心を一つにして作りました。





伝統の・・・熱塩温泉「入湯式」


2012/01/04

伝統の・・・熱塩温泉「入湯式」伝統の・・・熱塩温泉「入湯式」伝統の・・・熱塩温泉「入湯式」

本日の早朝6時より600余年の伝統を誇る熱塩温泉「入湯式」が行われました。
 この行事は室町時代の初期頃、熱塩温泉の菩提寺である「示現寺」を開山した名僧「源翁和尚」が、藜の杖を刺したところ其処から熱くてしょっぱい温泉が湧き出したという由来から始まったとされています。ひと口に600年と言っても、気の遠くなるような昔から代々受け継がれてきた伝統行事だと思うと、襷を繋がれて携わった者としては気が引き締まる想いがいたしました。
 





何時もどおりの・・・お正月


2012/01/01

何時もどおりの・・・お正月何時もどおりの・・・お正月何時もどおりの・・・お正月

2012年・・・あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のお引き立てを賜りまして厚く御礼申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年も元日恒例の餅つきが行われました。3.11直後の3月、4月頃は、もうこんな日は二度と来ないのではないかと考えておりましたが、毎年お出でになるリピーターのお客様も何時もどおりの笑顔で餅をほおばり、何事もなかったようにみなさん楽しそうに餅つきを楽しんでおられました。なんと日本は素晴らしい国なのでしょうか!・・・もちろん場所によってはあの日以来、時間が止まっているかのように復興が進まない処もありますのであまりノー天気なことは言えませんが、何時もどおりの出来事が何時もと変らなく行えることの幸せを、震災復興に携わった全ての方々に感謝したい気持ちでいっぱいになりました。





福島七転び八起きの会・・・設立


2011/12/26

福島七転び八起きの会・・・設立福島七転び八起きの会・・・設立福島七転び八起きの会・・・設立

図らずも世界一有名になってしまった「福島」の汚名を、観光特有の逆転の発想で世界一素適な観光地にしてしまおうという会「福島七転び八起きの会」が、先日弊社で設立されました。趣旨に賛同して入会した方が300人を超え、総会にも主だった方は殆んど出席していただき、大変盛り上がった楽しい立ち上げになりました。ただ、心残りは私が発起人代表だったと言うこともあり写真を撮る余裕がなく玄関の看板しか画像がありません!・・・もう二度とない設立の総会であったというのに、誠に残念です。

「この冬の事業は、頑張ろう福島の想いをこめて、一家に一つ玄関に雪小法師を造ることですから、雪の降る地域の方はご協力お願いいたします!・・・雪が降らない地域の方々は、ぜひ、会津に造りに来て下さい!」





熱塩駅・・・クリスマスライトアップ


2011/12/24

熱塩駅・・・クリスマスライトアップ熱塩駅・・・クリスマスライトアップ熱塩駅・・・クリスマスライトアップ

雨は夜更け過ぎに雪へと変るだろーサイレントナイト〜・・・なんて、何処からともなく聞こえてきそうな雰囲気が漂っています。・・・昨年はクリスマスイブから振り出した雪が1日で1mも積もり、チョットしたパニックを引き起こしましたが、今年も嵐の前の静けさにならないといいなーと、降り始めた雪空を見ながら思いました。





やっと積った「初雪」


2011/12/10

やっと積った「初雪」やっと積った「初雪」やっと積った「初雪」

今年の初雪は何日だったのかハッキリとしません!・・・今までも何回かは雪が舞いましたが、積りませんでした。また、すぐ上の山には積っても平地には積らなかったりして、訳が判りません! 厳密に言うと昨夜から振り出した雪が今朝うっすらと積もったので、今日が初雪ということでしょうか?・・・それにしても、この位の雪では物足りませんし、落ち着きません!・・・でも、ほんの短い時間でしたが、美しい雪景色を見ることができました。





雪を待つ・・・故郷


2011/12/02

雪を待つ・・・故郷雪を待つ・・・故郷雪を待つ・・・故郷

昨日から師走に入り会津はとっくに冬を迎えておりますが中々雪が降りません。毎年11月中旬には積雪をともなう初雪が降るのですが、今年はほんの少し雪が舞っただけで終わってしまいました。天気予報でも雪マークが付くのですが、一向に降る様子がありません!・・・やっぱり雪国の冬は雪が降らないと落ち着きませんし、魅力もないような気がします。・・・こんなことを言うと地元の方に「雪がふんねー方が生活は楽なんだー!」と怒られそうですが、実際にそう思うのだから仕方ありません!・・・本日ご紹介している写真は、正に雪が降った方が絵になるだろうと思った場所ですがいかがでしょう。





陰りを感じた・・・長床ウォーク


2011/11/20

陰りを感じた・・・長床ウォーク陰りを感じた・・・長床ウォーク陰りを感じた・・・長床ウォーク

11月の恒例行事に成長した「長床ウォーク」は、新宮熊野神社にある紅葉した大イチョウを見物することをメインとしたウォーキングで、9月17日から始まった「きたかた喜楽里博」のラストイベントであります。今年も人気で1200人を超える人で賑いました。
 毎年雪に祟られたりして天候には恵まれないイベントでしたが、官民一体となって盛り上がる冬眠前の最後の名物事業でした。しかし今年は、開会式会場の喜多方駅でのおもてなしに民間の方々の顔が殆ど見えませんでした。けっして震災の影響とは思えないこの現象がとても気になりました。平成17年にJRで行った「会津ディストネーションキャンペーン」から、がっちりスクラムを組んできた官民一体の「観光による町造り」に陰りが生じてきたように感じます。・・・そろそろ次世代を巻き込んだ大がかりなキャンペーンが必要な時期に来ているのかも知れません!・・・どこからともなく「ふくしま七転び八起き福幸キャンペーン」何ていうのを一発仕掛けてみようかという企みがフツフツと湧いてきました。





湘南からの・・・郷土愛


2011/11/15

湘南からの・・・郷土愛湘南からの・・・郷土愛湘南からの・・・郷土愛

山形屋で生まれて湘南に嫁いでいった私の叔母「お秀さん」は、ひといちばい故郷への郷土愛が強く自分が湘南で創業したお店の顧客の方々を連れて毎年一度バスを仕立ててやってきてくれます。そのお店が先日25周年を迎え鎌倉プリンスホテルでお祝いのパーティーが行われました。・・・私も夫婦で招待され挨拶をしてまいりましたが、ありがたいことに招待されていた方々の90%近くの人が山形屋に数回お出でいただいている顧客の方々でした。・・・アパレル関係の店と言う事もありパーティーの中ではファッションショーも催され、東京に住む私の娘二人もにわかじたてのモデルとして活躍してまいりました。





ふくしま七転び八起き観光キャラバン


2011/11/12

ふくしま七転び八起き観光キャラバンふくしま七転び八起き観光キャラバンふくしま七転び八起き観光キャラバン

一昨日ふくしまの佐藤知事や旅館の女将を中心とする観光関係者約100人が、福島県の観光に対する風評被害を払拭するためのキャラバンを展開いたしました。・・・200人を超える都内の旅行エージェントさんやマスコミの方々との交流会では、溝畑観光庁長官をはじめ細野原発担当大臣や映画「遠き落日」で野口英世の母役を演じた女優の三田佳子さん、さらに福島市飯坂温泉出身の佐藤B作さん達が熱のこもった応援のスピーチやパフォーマンスを繰り広げ、集まった人々の心を福島復興へと大きく揺さぶっておりました。・・・何と言っても会場の方々の心を鷲掴みにして行ったのは、レセプションの最後に踊られたフラダンサーといわき地区の女将さん達のコラボによるフラの踊りでした。映画「フラガール」のテーマソングと共にひたむきに演じられたその光景は、集まったの人々の多くの涙を誘っておりました。





ふりかえると其処は・・・感動の日々


2011/11/09

ふりかえると其処は・・・感動の日々ふりかえると其処は・・・感動の日々ふりかえると其処は・・・感動の日々

早いもので、あの未曾有の3:11(東日本大震災)から8カ月を迎えようとしています!・・・最近、肌で感じる気温があの時の気候に似てきたからでしょうか・・・あの頃の事を振り返ることが多くなってまいりました。・・・原発事故から逃げてこられた多くの方々を熱塩温泉挙げて入浴料のみで宿泊受入れしたことや、その方々を連れて不足し始めた食料品を求めてマイクロバスを運転してスーパーに買出しに行ったことや、ガソリンの供給が減ってスタンドに何時間も並んだこと等が、避難されていた方々が誰もいなくなった今振り返ると夢の中の出来事のように思えてしかたありません!・・・あの時、福島の観光はもう終わってしまうのだろうかと誰もが考え、最後に自分には何が出来るかと必死になって行動してきた被災者とのふれあいの中で、幾つもの感動がありました。・・・それが今、ついこないだの事なのに懐かしく感じられてしまいます。・・・社員達が毎日のように涙を流してここに働いていて良かったと言ってくれた感動の日々を、けっして忘れることなくこれから先生きて行きたいと、平和な喜多方の風景を眺めながら改めて感じる今日この頃であります。





ロウソクの灯り・・・ジャズコンサート


2011/11/01

ロウソクの灯り・・・ジャズコンサートロウソクの灯り・・・ジャズコンサートロウソクの灯り・・・ジャズコンサート

昨日、熱塩温泉から車で20分ほど山奥に入った処にある「黒岩」という集落で小さなジャズコンサートがありました。前にも何度か紹介しておりますが、此処は厳しい自然との共存が難しく土着の人々の殆どが町に移住してしまった場所であります。・・・そこを横浜から来た3人の芸術家達が20年近くも住み着いて創作活動を行いながら護り続けております。当時はピカピカの青年達も今は白いものが目立つミドルになりましたが、幾多の困難にもめげず毎年色々な活動を展開し此処を活性化している姿には頭が下がります!・・・ぜひ、彼らを応援する多くの人々と共に黒岩にユートピアを造る夢を実現してもらいたいと思って私もエールを送っております。





このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

空室検索・予約
◆宿泊日
 

 

◆ご利用人数