福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル 宿泊プラン一覧・ご予約 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル ご予約・お問い合わせ TEL 0241-36-2288 0241362288 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル

一流の田舎Blog ここ熱塩加納町の自然と文化と人々をこよなく愛する、山形屋主のブログです。宿屋周辺での出来事や、四季の変化等を不定期に更新してまいりますので、お楽しみください。

トップコメント



紅葉は鈍行列車に乗って・・・


2012/10/16

紅葉は鈍行列車に乗って・・・紅葉は鈍行列車に乗って・・・紅葉は鈍行列車に乗って・・・

最近、お客様からの電話で「紅葉は見頃になりましたか?」と言う問い合わせが増えて来ました!・・・何時もの年なら10月の半ばには高い山から紅葉が始まっているのに、今年は夏が1カ月近く長居をしたために中々色付いて来ません。痺れを切らしてスキー場がある「三の倉高原」まで車を走らせて見ると、居ました!居ました!小さな秋が、新幹線に乗り遅れて申し訳なさそうな顔をして出迎えてくれました。・・・この分だと紅葉の全山到着は11月初旬から中旬といったところでしょうか!?・・・いくら鈍行に乗っているからと言っても雪が降る前には到着してもらわないと困りますよねー!!!





芸術の秋


2012/10/09

芸術の秋芸術の秋芸術の秋

夏から季節の襷を受け取った秋の走りは殊の外早くて、うかうかしていると一気に冬になりそうです!・・・そんな短い秋を精一杯楽しもうと今年も恒例の「アートブラリー」が始まりました。喜多方全域に35ヵ所の多彩なアートスポットが紹介されています。なんと素敵なイベントなのでしょうか!・・・ラーメンだけではない喜多方の魅力を存分にお楽しみに、大切な方々を誘ってぜひお出かけ下さい!

「本日紹介したアートスポット」・・・山田彩乃水彩画展(エフエム喜多方)・ステンド硝子アート展(アトリエ山桜)他





何時の間にか・・・秋


2012/10/08

何時の間にか・・・秋何時の間にか・・・秋何時の間にか・・・秋

半世紀以上も生きてきた中で今年ほど夏が長くうんざりした年はありません! 何時もの年ならお盆を過ぎると朝夕は涼しくなり8月の終り頃は長袖を着ないと寒い程で、毎年、あっと言う間に過ぎてゆく夏を愛おしく感じていたはずなのに、今年は9月20日を過ぎても真夏並みの暑さが続き、図々しく居座る夏の太陽に怒りさえ覚えておりました。・・・それでも、さすがに10月になると涼しくなって、忙しくバタバタしている間に一気に季節は秋へと衣替えをしていました。・・・一流の田舎も何時の間にか半分以上の田圃の稲刈りが終わっていて、夏を引き摺ったままうっかり秋に乗り遅れてしまうところでした。。





ありがとう・・・の絶叫大会


2012/09/16

ありがとう・・・の絶叫大会ありがとう・・・の絶叫大会ありがとう・・・の絶叫大会

いよいよ昨日から「きたかた喜楽里博」が72日間の日程でオープンいたしました。今年は「喜多方の小田付が蔵の町のへそになる日」と題して小田付蔵通りではじめてオープニングイベントを開催いたしましたが人出がまばらでスタートの良い波には乗り切れませんでした。でもスロースタートということもあるのでこれから盛り上げて行きたいと思っております。・・・さて、もう一つのオープニング恒例イベントである絶叫大会は幾分参加者は少なかったものの大変な盛り上がりで最高に楽しいイベントになりました。(参加した若者達の写真からも想像できると思います)・・・皆様もぜひ三の倉に行って会津一の絶景に向って絶叫してください!・・・胸がスーとしますよ!





小さな温泉祭り


2012/09/09

小さな温泉祭り小さな温泉祭り小さな温泉祭り

昨夜は熱塩温泉の神社祭りでした。数年前から温泉内の人だけでなく熱塩加納町全体の祭り好きを集めて開催されているので、消えかかった灯火がまた煌々と燃え始まりました。元々祭りが苦手な私にとっては、もう出る幕ではないので陰からの応援に回っております。このような身の丈の祭りを絶やさずに続けていくことはとても大切なことだと感じております。メジャーなねぶた祭りや花笠祭り等が大玉花火だとすると、熱塩温泉神社祭りはちょうど線香花火といったところでしょうか!・・・またそれも味があって良いものだと思いました。





ひまわり・・・パート2


2012/09/08

ひまわり・・・パート2ひまわり・・・パート2ひまわり・・・パート2

三の倉高原の「ひまわり」は若干勢いがなくなってまいりました。・・・なんと12日には全部刈り取って菜の花の種を蒔くことになったそうです!・・・来年の5月中頃には、今度は菜の花が見頃を迎えることでしょう!・・・一年に二種類の花が楽しめるなんて、「花でもてなす」という公約を掲げた市長の粋なはからいを感じました。
(ただひとつだけ残念なのは、映画「ひまわり」の思い出に浸ることが出来なくなってしまうことです!・・・しおれかけた向日葵を見ながら物思いに耽る!なんて言うのは今時流行らないですかねー?)





ひまわり


2012/09/01

ひまわりひまわりひまわり

熱塩温泉から車で10分位の所にある「三ノ倉高原」に今年50万本のひまわりの種を蒔きました。・それが見頃を迎えております!・・・圧巻です!
まるで、昔ソフィアローレンが主演した映画「ひまわり」のラストシーンのようです。(50才以上の方はご存知だと思います!)
他にコメントはございません!百聞は一見に如かず!です!・・・大切な方々を誘ってお出かけ下さい!9月の中頃までは咲いていると言う事です!(映画「ひまわり」を感じたい方は、しおれかけた中旬過ぎがお勧めです!)ララ ララ ララ ラーララー ラララララララー 以上





山形屋夢倶楽部ゴルフコンペ


2012/08/31

山形屋夢倶楽部ゴルフコンペ山形屋夢倶楽部ゴルフコンペ山形屋夢倶楽部ゴルフコンペ

弊社の取引先ならびに顧客の方々で組織する山形屋夢倶楽部の第14回目のゴルフコンペが昨日行われました。昨年は東日本大震災ということもあり自粛しましたが、今年は私が和歌山県復興のチャリティゴルフコンペでホールインワンを達成したこともあったので2年ぶりに賑々しく開催いたしました。・・・しかしゴルフというスポーツは面白いものです!何の努力もせずにたまたま偶然の出来事なのに多額の保険金が出たり多くの方々にお祝いされたりするものなのですね!
嬉しい反面どこか違和感を覚えました。やっぱり努力した結果を称賛していただく方が嬉しいものだと感じます。今度は努力の結晶であるエージシュートに挑戦してみようと思います!・・・100才位まで長生きして???





お盆のお祭り!


2012/08/15

お盆のお祭り!お盆のお祭り!お盆のお祭り!

お盆とは祖先の霊を祀る一連の行事を言うのだそうですが、何時の頃からか喜多方では、そのお盆に帰省した家族や親戚そして旅行者を楽しませるためにお祭りを行うようになりました。・・・ですから、これは祭礼ではなく古くから行われてきたイベントと言う事になるのでしょうか!・・・その辺が伝統的な祭りを継承している地元の氏子達には何時まで経っても受入れられない部分があるようです!・・・確かにお盆の「庄助踊り」と「太鼓台競演」の二つのお祭りは、喜多方市民には不得意な見せるための祭りになっていて、どこかギコチナイ気がいたします。・・・ソンナノカンケイネー! ・ソンナノカンケイネー!・ソンナノカンケイネー!・・・という声も聞こえてきます。





継続は力なり・・・桧沢湖まつり


2012/08/07

継続は力なり・・・桧沢湖まつり継続は力なり・・・桧沢湖まつり継続は力なり・・・桧沢湖まつり

熱塩温泉から3Kほど上流にある「日中ダム(桧沢湖)」が出来てから四半世紀が経過しました。竣工の一年前には人気テレビ番組「西部警察」のロケ地にもなり県内外から大勢の人が押し寄せたこともありました。当時コンクリートを使わずに粘土と土砂で造るロッフィルダムとしては東北最大級ということで地元では一大観光地として期待したところでしたが、これといった観光施設も人を楽しませる物も無かった事から最近では訪れる人もまばらになっていました。・・・そんな場所で人知れず細々と開催されていた「桧沢湖まつり」は、何と何時の間にか21回にもなっていたのですねー!驚きました。それも今回は数年前に取材したものとは比較にならないほど大きく成長していて結構な賑わいぶりでした。「継続は力なり!」とはこういう事を言うのですねー!・・・今まで諦めずに携わってきた方々に敬意を表したい想いになりました。





見せるか?楽しむか!・・・伝統の祭


2012/08/04

見せるか?楽しむか!・・・伝統の祭見せるか?楽しむか!・・・伝統の祭見せるか?楽しむか!・・・伝統の祭

喜多方にも夏が到来し各地域で色々な祭が始まりました。・・・一見すると同じような夏祭りのような気がしますが、良く考えてそれぞれを見てみますと大きく2種類に分かれています!・・・1つは昔から行われてきた伝統的な祭礼であり、もう1つは比較的新しいイベントであります。・・・見る側にはどちらも楽しそうなお祭であることには違いないのですが、地元の人々にとって、これを一緒くたにしてしまうと伝統の祭が衰退してしまいます。・・・私が考えるには、イベントは観客を楽しませることに重点を置き、祭礼は護る側が中心に自分たちが楽しみながら行う!ということが大切ではないかと、変わらずに永く続いてきた喜多方の祭を見ながらつくづく思いました。





懐かしいが・・・新鮮


2012/07/22

懐かしいが・・・新鮮懐かしいが・・・新鮮懐かしいが・・・新鮮

昨日から今日に架けて8回目となる「喜多方レトロ横丁」が開催されております。毎年同じような企画なのでそろそろ飽きられてきたのではないかと心配しましたが、想像以上の人出で驚きました。・・・おそらく回を重ねるごとに市民権を得て、新しい喜多方の祭りとして認められてきたのだと感じました。・・・見物する人は結構若者が多く、我々には懐かしいと思えることが全て新鮮に写って面白いのだろうと目を細めながら一人ほくそ笑んでいました。





キズナ強化プロジェクト(シンガポール)


2012/07/20

キズナ強化プロジェクト(シンガポール)キズナ強化プロジェクト(シンガポール)キズナ強化プロジェクト(シンガポール)

北米やアジアの青少年を招待し、現地の人達と交流することによって東日本大震災と原発事故から立ち直り、元気で安全な日本になっていることをグローバルにアピールすることを目的とした「キズナ強化プロジェクト」が、被災地を中心に行われております。
 弊社にはシンガポールの優秀な大学生たちが3日間に亘り滞在し喜多方のグリーンツーリズムを体験したり大熊町の被災された方々の講演を聴くなどして交流して行きました。さすが将来のシンガポールを背負ってたつ優秀な大学生達のハートは熱く、被災者の講演では多くの学生が目を輝かせ感動の涙を流していたそうです。・・・それを聞いたとき、このプロジェクトは数年後に必ず花開くであろうと確信しました。





ビューティフル・・・雄国沼


2012/07/11

ビューティフル・・・雄国沼ビューティフル・・・雄国沼ビューティフル・・・雄国沼

喜多方市の熊倉町にある雄国沼のニッコウキスゲが満開であるとの情報は数日前に聞いておりましたが、いまいち天候が不順だったので今年は行くのをやめようと考えておりました。でも昨日はあまりにも良い天気になったので、居ても経っても居られずに弊社の女将を誘って写真を撮りに行ってまいりました。・・・ビューティフル!・ビューティフル!・・・今までニッコウキスゲは梅雨を明るくする花だと思っておりましたが、青空の下では名脇役になって更に存在感を増すのだと、美しい雄国沼の風景を見ながらつくづく感じました。





梅雨を明るく彩る・・・幸福の黄色


2012/07/09

梅雨を明るく彩る・・・幸福の黄色梅雨を明るく彩る・・・幸福の黄色梅雨を明るく彩る・・・幸福の黄色

いよいよ雄国沼のニッコウキスゲが見頃を迎えたということです!
この週末が花も人出もピークになることでしょう!・・・それにしても、この鮮やかな黄色の花は梅雨で曇りがちの心をパァーーと明るくしてくれる力を感じます。・・・大切な方を誘ってお出かけになってはいかがでしょう。





ふり返るとそこに・・・


2012/07/03

ふり返るとそこに・・・ふり返るとそこに・・・ふり返るとそこに・・・

夏が来〜れば想い出す〜・・・で始まる歌がありますが、たった一年前の出来事なのに、その間に何回もの夏を経験したような気がしてしまうこの写真は、当時大熊町から避難していたファミリーと気晴らしに行った沢登りの光景であります。天候には恵まれましたが、梅雨の最中ということもあり、川の水量は多く子供連れではかなり厳しいものがありましたが、みんなが協力し合って登り切りました。・・・ほんの2時間程度の他愛もない出来事だったのに、親と子のそして人と人との絆を確かめ合った清々しい想い出として深く心に刻まれたことを鮮明に覚えています。

追記
 嬉しいことに今年も連れてってーと宿に予約が入りました。





郷土愛ここに・・・お田植え祭り


2012/07/01

郷土愛ここに・・・お田植え祭り郷土愛ここに・・・お田植え祭り郷土愛ここに・・・お田植え祭り

500余年の歴史をもつ喜多方市慶徳町の「お田植え祭り」は、史上いく度もの障害にぶつかり途切れることがありましたが、その度ごとに地域の人々の郷土愛によって復活し現在に至っております。恥かしながら私も始めて見ましたが、あの小さな集落でこれ程までの行事を継承していることに大きな感動を覚えました。





花から花へ・・・襷が渡る!


2012/06/23

花から花へ・・・襷が渡る!花から花へ・・・襷が渡る!花から花へ・・・襷が渡る!

熱塩のひめさゆりは、もう遅咲きの花を残して半分以上が枯れてしまいました。・・・ちょうどその頃になると咲き始めるのが雄国沼のニッコウキスゲです。・・・初夏を代表する二つの花のリレーが終わる頃に喜多方は本格的な夏を迎えます。





ひめさゆりの女神が・・・泣いた日


2012/06/16

ひめさゆりの女神が・・・泣いた日ひめさゆりの女神が・・・泣いた日ひめさゆりの女神が・・・泣いた日

本日、恒例の「ひめさゆりウォーク」が開催されました。毎年、花の開花時期とイベントの時期がずれて中々うまくいかない行事でしたが、今年は満開の時期にドンピシャにはまり、関係者は大いに期待しておりました。・・・ところが、この日を狙ったように大雨になってしまい、花見には最高の週末を迎えたにもかかわらず入場者もまばらになってしまいました。・・・今年こそ最高のひめさゆりを大勢の人々に見せたいと思っていたのでしょうか一人佇むひめさゆりの丘の女神は、悲しそうな顔で遠くを眺めていました。





ひめさゆり・・・満開


2012/06/13

ひめさゆり・・・満開ひめさゆり・・・満開ひめさゆり・・・満開

最初の一厘が咲いてから最後の一厘が散るまでにおよそ一ヶ月ほどの期間がある「ひめさゆり」なので、中々満開を宣言するのは難しいのでありますが、今日は関係者の誰に聞いても満開と言う答えが返ってきました。・・・ということで代表して満開を宣言いたします。・・・今週末は混雑が予想されますので明後日までに越しになることをお勧めいたします。





このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る