福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル 宿泊プラン一覧・ご予約 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル ご予約・お問い合わせ TEL 0241-36-2288 0241362288 福島県喜多方市 熱塩温泉山形屋 館主こだわり食材の田舎料理と湯量豊富な源泉かけ流しの温泉が自慢の旅館ホテル
電話予約受付は19時まで

一流の田舎Blog ここ熱塩加納町の自然と文化と人々をこよなく愛する、山形屋主のブログです。宿屋周辺での出来事や、四季の変化等を不定期に更新してまいりますので、お楽しみください。

トップコメント



雪小法師を造りました・・・


2013/01/24

雪小法師を造りました・・・雪小法師を造りました・・・雪小法師を造りました・・・

厳しい冬の厄介者である「雪」を逆転の発想で楽しく利用しながら七転び八起きの精神で冬を乗り切ろうという考えから、毎年山形屋の玄関前に「雪小法師」を造っておりますが、それが昨日完成しました。・・・今年は「八重の桜」をイメージして作りましたが、ほとんど私一人で造ったものですから、喜多方市内で行われた「雪小法師コンテスト」の作品とは比較になりません!・・・でも、頑張った自分を褒めてやりたいと完成の達成感と共に思いました。

追記・・・山形屋では小さな「雪小法師」を造る体験が何時でも出来ます!ぜひ、どうぞ!





雪を楽しんだ日


2013/01/13

雪を楽しんだ日雪を楽しんだ日雪を楽しんだ日

昨日、喜多方市の恒例行事に成長した「雪小法師コンテスト」が、初市の会場で「八重の桜」をテーマに開催されました。今年は熱塩温泉組合も初めて参加し、思いの外硬い雪に悪戦苦闘しながらも大変楽しい一日を過ごしてまいりました。・・・熱塩の黒岩地区に住む芸術家にも協力してもらい優勝を狙いにいったのですが、惜しくも準優勝に終わりました!・・・でも、大雪に苦しむ雪国で大人達が本気で雪を楽しんでいる姿は、多くの人々に元気と勇気を与えたことと思います。





伝統の・・・熱塩温泉入湯式


2013/01/04

伝統の・・・熱塩温泉入湯式伝統の・・・熱塩温泉入湯式伝統の・・・熱塩温泉入湯式

厳粛な鐘の音と共に、早朝六時から600年以上の伝統行事である「熱塩温泉入湯式」が本日行われました。
 この行事は鎌倉時代の後期に熱塩温泉にある示現寺を開山した名僧「源翁禅師」が、藜の杖を刺した場所から熱くて塩辛い温泉が湧いて来たという由来から行われている厳粛な行事であり、30分位お経を唱えた後に熱塩温泉で藜の杖を洗うというものであります。・・・熱塩温泉が永きに渡って滅びずに居られるのも、このような格式の高い伝統行事に支えられているからだろうと改めて感じました。





あけましておめでとうございます。


2013/01/01

あけましておめでとうございます。あけましておめでとうございます。あけましておめでとうございます。

本日は元旦恒例の「餅つき」を行いました!・・・何時もと変わらない笑顔いっぱいの平和な風景がロビーいっぱいに広がりました。・・・特に今年の餅は今まで最高の出来で、みなさん大変幸せそうな顔でほおばっておられました。





Xマスイブは・・・ホワイト・サイレントナイト


2012/12/24

Xマスイブは・・・ホワイト・サイレントナイトXマスイブは・・・ホワイト・サイレントナイトXマスイブは・・・ホワイト・サイレントナイト

天気予報では大きなクリスマス寒波が来るということで警戒していましたが、ほんの10cm程の積雪で拍子抜けしてしまいました。・・・でも、そのお蔭で熱塩駅のクリスマスライトアップは、いい感じのホワイトクリスマスを演出してくれました。・・・毎年のことですが訪れる人はほとんど無く、静寂な構内には、ただ深々と降る雪の音だけが聞こえていました。・・・オーオーオ-サイレントナイト,オーフォリーナイト!





雪で変わる風景


2012/12/21

雪で変わる風景雪で変わる風景雪で変わる風景

何時もならカメラを向けることはないであろう!と思える場所が、雪が積ると一変して思わずシャッターをきってしまいたくなる時があります。・・・今日はそんな場所を紹介いたします。





冬の太陽


2012/12/19

冬の太陽冬の太陽冬の太陽

小春日和と呼ぶにはいささか気温は低いのですが、太陽の力は凄いもので、先日の雨と相俟って一週間前に1m近く積った雪をまたたく間に融かしていきました。この分だと根雪にはならず全部無くなってしまいそうです。スキー場も糠喜びになってしまうかもしれません!・・・でも、そのお蔭でまたまた蔵と柿の風景がカムバックいたしました。ただちょっと違っていたことは、渋柿が熟し始めていてカラスが啄みに来ていました。





冬の雨・・・


2012/12/15

冬の雨・・・冬の雨・・・冬の雨・・・

今日は寒さがゆるみ雨になりました。見る見るうちに先日の雪を融かし、すでに半分以下まで沈ませ、雪で覆われていた柿を再登場させてくれました!・・・また、写真を撮りながら今度は注意深く柿の木を観察してみると、すっかり実がなくなっている木と、しっかり実を付けたままの木があることに気がつきました!・・・どうも、実が残っていた柿は焼酎に漬けて「身知らず柿」にする渋柿だったようです!・・・この柿は自然のまま放置した場合は、熟さないと甘くはならないのです!・・・野生動物たちはそれを知っていて、冬を生き延びるための食べ物として熟すまでじっと待っているのだと思います!・・・半世紀以上生きて来て、そんなことに目をやることも考えることもなく過ごしてきた事が、すこし恥ずかしくなりました。





THE・・・大雪


2012/12/11

THE・・・大雪THE・・・大雪THE・・・大雪

イヤーービックリしました!・・・まだクリスマス前だというのに、一晩で80cm近くも雪が積りました!・・・これは早くも根雪になってしまいますねー!・・・喜んでいるのはスキー場だけでしょうか!?・・・これから頑張って雪かきをしまーす!





初冬に似合う・・・蔵と柿の風景


2012/12/08

初冬に似合う・・・蔵と柿の風景初冬に似合う・・・蔵と柿の風景初冬に似合う・・・蔵と柿の風景

時代から取り残されてしまった!・・・という表現が適切かどうかは判りませんが、流通が発展したことによって世界中の果物が食べられるようになった現代、地元の柿を食べる人がほとんど居なくなってしまいました。・・・その結果、会津の至るところに実を付けたままの柿が見られます!・・・その数の多さに、野生動物達もさすがに食べきれず、熟して落ちるまで、又は白い雪に覆われるまで、晩秋から初冬を代表する会津の風物詩になっております。・・・そしてそれが、これまた時代から取り残されようとしている蔵の漆喰をバックに、何とも言えない味のある雰囲気を漂わせて居るのです。・・・地味ではありますが、地域限定で期間限定のこんな風景を見るオンリーワンの旅も、中々乙なものではないでしょうか!・・・ディスカバージャパン





荒野に向う道より・・・他に?


2012/12/02

荒野に向う道より・・・他に?荒野に向う道より・・・他に?荒野に向う道より・・・他に?

いよいよ多くの命をリセットする厳しい冬がやって来ました!・・・今まで鮮やかに輝いていた木々は覚悟を決めたように白装束を纏い始めました。・・・前回紹介したサライと同じ位に好きな「昴」という歌がありますが、その歌詞の中に「荒野に向う道よりー他に見えるものはなしー」という絶望的な部分があります。正に地元では厳しい冬が始まる今頃になると、鮮やかで素晴らしい秋を体験しただけに、そんな気分になってしまいます!・・・そう言えば「昴」にはこんな歌詞も「せめてー鮮やかにーこの身をー終われよー」・・・でも、すっかり雪で覆われるクリスマス頃になると諦めがついて、又逞しく元気になって行くから雪国の人々は頑強です!





会津を元気にした・・・池袋太田組


2012/11/26

会津を元気にした・・・池袋太田組会津を元気にした・・・池袋太田組会津を元気にした・・・池袋太田組

震災直後から被災地復興のために池袋の駅を開放して風評被害払拭のキャラバンを受入れたり、自ら積極的に被災地に出向き被災者を元気付ける旅行を企画してきた池袋の職員の方々が、駅長を先頭に会津を元気付けに来てくれました!・・・その明るさと楽しそうな笑顔に多くの会津っぽ達が元気を沢山もらいました。・・・弊社でも大変盛り上がっていただき、二次会の最後には24時間テレビのテーマソングになっているサライを肩を組んで大合唱されたようです。私もこの歌が大好きで、特にその歌詞の中の次の部分「桜吹雪のーサライーの空はー哀しいほど青く澄んでー胸がふるえーたー」というところが気に入っております!・・・あいにく当日の会津の空も、今おかれている福島県の空もまだまだ曇り空でしたが、何時かきっと青く澄んだほんとうの空が取り戻せる時が来るまで、池袋からの末永い応援を期待しながら、一日駅長として皆さんを見送りました。





生中継中のハプニング


2012/11/21

生中継中のハプニング生中継中のハプニング生中継中のハプニング

ご覧になった方もたくさんおられたと思いますが、本日ゴジテレシャトルという番組の生中継が山形屋を舞台に行われました。・・・ライブというのは色んなハプニングが起こるものです!・・・本番5秒前に私が付けていたイヤホーンが聞こえない事が分かり隣のアナウンサーにスイッチを入れてもらったところ、ホリュームがマックスになってしまいました。・・・おかげで私は中継中に耳がガンガンしたまま顔色一つ変えずに頑張ったしだいでございます!・・・私の役者魂も中々なものだと終了後ホットしながら自画自賛いたしました。





初雪


2012/11/15

初雪初雪初雪

昨日、初雪が降りました。子供の頃から初雪の日を意識して覚えていましたが、11月14日がほとんどでした。・・・中学生頃までは、初雪が降ると嬉しくて心が弾んだものですが、何時の頃からでしょうか、こんなに憂鬱な気持になるようになったのは!?・・・これでは冬に、お客様が遠ざかってしまうのもしかたありませんねー!・・・なんとか我々住民が雪を楽しんで、子供の頃のようにワクワクしながら冬を待てるようにしたいものだと思います。





落葉(ラクヨウ)や・・・強ものどもの夢の跡


2012/11/13

落葉(ラクヨウ)や・・・強ものどもの夢の跡落葉(ラクヨウ)や・・・強ものどもの夢の跡落葉(ラクヨウ)や・・・強ものどもの夢の跡

紅葉(もみじ)ネタは前回で終了する筈だったのでありますが、隣の旅館の紅葉があまりにも綺麗なまま散っていくものですから、死に急ぐ紅葉達が白虎隊と重なり、またまた登場してしまいました。・・・本来芭蕉が詠んだ俳句の中では、強ものどもの夢の跡に生い茂っていたのは夏草でありますが、同じように今は散り始めたこの紅葉を見物にバラエティ溢れるお客様(強者)が大勢お越しになりました。その方々は、その美しい光景を眺めながら、いったい何を考え、何を感じて立ち去っていかれたのかと感慨にふけっていると、恥かしながら松尾芭蕉の境地に浸ってしまいました。・・・もし芭蕉がタイムスリップして戊辰戦争の跡に会津を訪れていたとしたら、季節的にもタイトルのように詠んだかもしれません!





終演・・・終焉


2012/11/11

終演・・・終焉終演・・・終焉終演・・・終焉

美しくて感動的であった紅葉劇場も、いよいよ終演になりました。このブログの中でこれほど紅葉の話題を載せたのは初めてです。それほど今年の紅葉は印象的でした!・・・本日の紅葉写真は人間に例えるならば50才〜60才と言ったところでしょうか!・・・赤や黄色の艶やかさは徐々に姿を消し始め、茶色びを帯びてまいりました。面白いことに赤も黄も最後には茶色になるんですね!・・・ウォーキングをしながらその変化の様子を毎日観察していると不思議と人間の様だと思いました。・・・赤色が女性、黄色が男性、中年位まではそれぞれの性で輝き、やがては異性という感覚ではなく同じ人間としての輝きに変わっていく!・・・そして、すっかり褐色に変わった時、散りぎわを考えるのかも知れません!・・・そんな侘び寂びの境地を感じたい方は、これからがお勧めです!





最後の輝き・・・


2012/11/08

最後の輝き・・・最後の輝き・・・最後の輝き・・・

近年にない美しい紅葉が、とうとうファイナルステージを迎えました。・・・ロウソクが燃え尽きる最後の一瞬に、それまでにない最高の光を発するように山形屋の周りが輝いております!・・・これで晴れていたら最高なんですけどねー!中々自然はこちらの都合には合わせてはくれません!・・・でもこの風景は見ないと損をすると思いますよ!





紅葉のクライマックス


2012/11/04

紅葉のクライマックス紅葉のクライマックス紅葉のクライマックス

ここ数日の紅葉は圧巻です!・・・近年このように美しい紅葉は見たことがありません!・・・きっと10月の中頃から急激に寒くなったことで寒暖の差が生じた事が要因ではないかと思います。・・・一日も早く大切な方々を誘ってお出かけくださーい!





虹の中に居る・・・


2012/11/02

虹の中に居る・・・虹の中に居る・・・虹の中に居る・・・

いよいよ紅葉が里まで下りてきました。・・・まるで虹の中に居るようです!・・・このスピードからみても数日で見頃は過ぎていくことでしょう!・・・現れてから、あっという間に消えていく姿も、虹のようです。





三の倉高原が燃えている!


2012/10/30

三の倉高原が燃えている!三の倉高原が燃えている!三の倉高原が燃えている!

熱塩温泉から車で5〜10分の所にある「三の倉高原」の紅葉が最高です!・・・太陽に照らされると、まるで山火事のようです!・・・これを見ないと絶対に損をしますよー!!!・・・直ぐにお出かけくださーい!





このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る